神社と御朱印を巡る男の旅

神社と御朱印を巡る男の旅

おっさんによる神社と御朱印のブログです。

玉姫稲荷神社(台東区/南千住)への参拝と御朱印

      【スポンサーリンク】
      

玉姫稲荷神社

f:id:inudenchi:20170918111850j:plain

南千住のパワースポット「玉姫稲荷神社」

台東区の清川にあるパワースポット、玉姫稲荷神社に行って参りました。読み方は「たまひめいなりじんじゃ」です。最寄駅は南千住駅になります。

この日は朝から浅草周辺の神社巡りをしていて、この玉姫稲荷神社が二ヶ所目に訪れた神社です。

僕は台東区の神社を巡るのはこれが三度目で、「台東区神社マップ」なるものを参考に回っています。過去の二回も、このマップを参考にして巡りました。

こちらが「台東区神社マップ」です。

f:id:inudenchi:20170916190001j:plain

このようなものがありますと、載っている神社は全部回ってみたくなってしまうんですよ。笑

しかしこのマップに載っている神社は全部で26ヶ所。とても一日二日では回り切れません。そんなわけで今回、三度目の神社巡りにやって来たんです。

まず最初に、唯一マップの左上のエリアで参拝していなかった「千束稲荷神社」へ。参拝を終え、そこからこの玉姫稲荷神社を目指します。

歩けない距離ではなかったのですが、季節は8月の下旬、まだまだ暑さが厳しい時期です。少々長い距離を歩くと、間違いなく汗だくのへろへろになることは予想できます。笑

そこで僕と嫁がとった手段は…

台東区には「めぐりん」と言う循環バスが走っていて、それに乗って移動すると言う、体に優しい方法です。

実は最初に台東区の神社巡りをした際にも、マップに「めぐりん」が紹介されていて、乗ろうとしたんです。乗ろうとはしたのですが、バス停とかルートとかが正直わかりづらくて、結局乗らずに徒歩で回ってしまいました。

めぐりんは料金も100円ですし、一日乗車券も300円です。きっと有効活用すれば、かなり快適に神社巡りができるのではないかと思います。

そこで今回、少々時間を掛けて調べ、千束稲荷神社から玉姫稲荷神社まで、めぐりんを使ってみることにしました。

めぐりんはこちらの台東区HPでも路線バス停など紹介されています。
https://www.city.taito.lg.jp/index/kurashi/kotsu/megurin/

正直、路線図がわかりづらいんですけどね。笑

こちら、僕がバス停で写真に撮ったものになります。

f:id:inudenchi:20170918112354j:plain

千束稲荷神社の近くにあった「一葉記念館」のバス停から乗車し、玉姫稲荷神社の目の前にある「清川1丁目」バス停で下車をすると言うルートです。一本で乗り換えとかはありません。

初めてのめぐりんに無事乗車した僕たちは、エアコンの快適さに危うく寝そうになりました。笑

暑さの厳しい日でしたので、この移動はかなり助かります。

途中、三ノ輪駅前で渋滞に巻き込まれ、予想以上に時間は掛かってしまったものの、無事に玉姫神社のすぐ近くにあるバス停に到着です。

なんて便利なんだ、めぐりん。

前回も使えばよかった…。笑

そんな会話を嫁と交わしつつ、この日二ヶ所目、玉姫稲荷神社に参拝します。

 

玉姫稲荷神社のご由緒

ご祭神は、五穀豊穣の神様である宇迦之御魂神(うがのみたまのかみ)です。

創建は奈良時代の760年、京都の伏見稲荷大社より御分霊を勧請し、祀ったのが始まりだと伝えられています。

鎌倉時代の末期には、新田義貞が鎌倉の北条高時追討の折に戦勝祈願を行いました。その際に義貞が弘法大師の直筆だとされる稲荷の像を瑠璃の宝塔(玉塔)に収めて奉納したため、「玉秘め」の社号の由来になったと言われています。

社殿は明治の新吉原の大火、大正の関東大震災で被災し、第二次大戦の空襲でも焼失しています。現在の社殿は昭和27年に再建されたものとなります。

氏子に靴生産者が多いことから、春には「こんこん靴市」、秋には「靴のめぐみ祭り市」の靴市が境内で開かれ、別名「くつの神社」とも呼ばれています。

神社の隣りにある玉姫公園は、「あしたのジョー」で矢吹丈と丹下段平が初めて出会う場所としても登場し、ジョーのふるさととしても紹介される場所です。

遠い昔より、人々に厚く信仰されている神社です。

 

玉姫稲荷神社の参拝画像

めぐりんバスで「清川1丁目」を降りてすぐ、こちらが玉姫稲荷神社の正面入口になります。

f:id:inudenchi:20170918113125j:plain

 

一礼して鳥居をくぐり境内へ。真っ直ぐに延びる参道の先には拝殿が見えます。

f:id:inudenchi:20170918113150j:plain

 

鳥居のすぐ脇には松でしょうか、立派な木が茂っていました。

f:id:inudenchi:20170918113213j:plain

 

参道の両脇が駐車場になっていて開けています。トラックなんかも停まってました。こちらは参道の左手です。

f:id:inudenchi:20170918113228j:plain

 

こちらが参道の右手です。駐車場の後ろには神輿庫が並んでいます。

f:id:inudenchi:20170918113247j:plain

 

参道を進みます。境内が開けている分、空も広いです。

f:id:inudenchi:20170918113304j:plain

 

拝殿に近付いて行くと、大きなサイズの狛犬さんがお出迎え。

f:id:inudenchi:20170918111850j:plain

 

こちらが左の狛犬さんです。大きな狛犬さんは、やっぱりそれだけで存在感も大きいですね。当たり前のこと言ってるかもしれないですけど。笑

f:id:inudenchi:20170918113514j:plain

 

こちらが右の狛犬さん。どちらも迫力と威厳がある顔立ちをしています。

f:id:inudenchi:20170918113536j:plain

 

狛犬さんの先、左手が手水舎です。緑が多く風情のある手水舎です。

f:id:inudenchi:20170918113813j:plain

 

お清めをします。手水鉢にはがいました。

f:id:inudenchi:20170918113832j:plain

 

拝殿に進みます。境内には僕と嫁の姿しかなく、とても静かです。

f:id:inudenchi:20170918113902j:plain

 

拝殿前、右側には「あしたのジョー」の矢吹丈のパネルです。

f:id:inudenchi:20170918113923j:plain

 

同じく拝殿前、左側には白木葉子のパネルです。

f:id:inudenchi:20170918113940j:plain

 

拝殿には、大きな稲荷の神紋が掛けられていました。

f:id:inudenchi:20170918113959j:plain

 

時間を掛けてゆっくり参拝します。

f:id:inudenchi:20170918114012j:plain

 

参拝を終え、境内を散策してみます。拝殿を背にして参道を見ると、こんな景色になっています。

f:id:inudenchi:20170918115030j:plain

 

狛犬さんの手前あたり、参道の右手に境内社がありましたので、そちらに行ってみます。

f:id:inudenchi:20170918115058j:plain

 

口入稲荷神社」と幟に書かれていますね。一礼して鳥居をくぐります。

f:id:inudenchi:20170918115119j:plain

 

鳥居の先、右手には古そうな手水舎がありました。

f:id:inudenchi:20170918115144j:plain

 

口入稲荷にも参拝します。

f:id:inudenchi:20170918115204j:plain

 

扉の前には奉納された小さなお狐さんがたくさん。

f:id:inudenchi:20170918115227j:plain

 

この口入稲荷の社殿前、左手に授与所がありました。閉まっていて「御用の方は表玄関受付へお回り下さい」と案内があります。後ほど御朱印を頂きに行ってみます。

f:id:inudenchi:20170918115907j:plain

 

社殿の右手に小さなお狐さんがいて、小路が奥へと続いています。行ってみます。

f:id:inudenchi:20170918115929j:plain

 

さらに奥にも一対のお狐さん。

f:id:inudenchi:20170918115944j:plain

 

突き当たりには石の祠がありました。小さなお狐さんもたくさんです。手を合わせます。

f:id:inudenchi:20170918120004j:plain

 

口入稲荷の鳥居を出て、御朱印を頂くため社務所へと向かいます。玉姫稲荷の社殿右手にあたる位置が社務所になります。

f:id:inudenchi:20170918120040j:plain

 

こちらの社務所御朱印を頂きました。

f:id:inudenchi:20170918120103j:plain

 

境内の左手の先にも祠があるのが見えましたので、行ってみます。

f:id:inudenchi:20170918120121j:plain

 

こちらには八社の末社が祀られていました。「八神殿」と書かれています。白山神社、金刀比羅神社、八幡神社、松尾神社、八坂神社、天祖神社、春日神社、王子神社の八社です。参拝します。

f:id:inudenchi:20170918120208j:plain

 

こちらは末社の脇から玉姫稲荷の社殿を撮影。左斜め前の位置からです。

f:id:inudenchi:20170918120242j:plain

 

境内の左手にも鳥居があり、玉姫稲荷神社へはそこからでも出入りできます。

f:id:inudenchi:20170918120306j:plain

 

その鳥居の近くには石碑。近くまで行ってみましたが、何の石碑かわからず…。

f:id:inudenchi:20170918120318j:plain

 

せっかくなので脇の鳥居から一度境外へ出てみました。こちらは口入稲荷へと真っ直ぐに参道が延びていますので、口入稲荷の入口なのかもしれないですね。

f:id:inudenchi:20170918120346j:plain

 

再び境内に戻り、しばしのんびりと過ごした後、玉姫稲荷神社を後にしました。

f:id:inudenchi:20170918120412j:plain

 

玉姫稲荷神社への参拝を終えて

境内が開けていたせいなのか、とても空が広く感じた神社です。

参道の両脇が駐車場になっていますので、それが広々とした印象の景色を作っている要因かと思います。

春と秋に靴市が行われ多くの人で賑わうそうですので、その際にはこの境内にも、びっしりと靴の露店が並ぶんでしょうね。僕は靴市と言うものに一度も行ったことがありませんので、どんなものなのか興味はあります。

靴市では賑わうであろう境内も、この日は僕と嫁の二人だけ。始終他の参拝者が訪れる気配もなく、のんびりゆっくりと散策させて頂きました。

開けた参道の先にいるサイズの大きな狛犬さんは、なかなか迫力があって存在感があります。顔もけっこう怖い顔ですので、前を通る際にはちょっとした緊張感がありました。

狛犬さんの奥には夏の緑、さらに奥には社殿があり、それらが連なっている景色は惹かれるものがあり、ついつい足を止めて眺めてしまいました。

狛犬さんと拝殿の間にあった手水舎も、風情があって素敵でした。

拝殿の前には「あしたのジョー」のパネルがあったのですが、僕は「あしたのジョー」を見ていないんですよね…。矢吹丈白木葉子って名前はなんとなく聞いたこともありますし、キャラクターも何かで見たことはあるとは思うのですが、ちゃんと見たことがないのでイマイチわからず…苦。この近くには昔、泪橋(なみだばし)と言う橋があり、主人公であるジョーの所属する丹下ジムは、泪橋近くと言う設定だったようです。

玉姫稲荷の一つ前に訪れた「千束稲荷神社」は樋口一葉に所縁のある神社でしたので、「たけくらべ」が読みたくなったのですが、この「玉姫稲荷神社」では、「あしたのジョー」が読んでみたくなりました。笑

そして玉姫稲荷には、もう一つ見どころがあります。

それは、摂社である「口入稲荷神社」です。

僕は知らなかったのですが、「口入れ」と言うのは「仕事を斡旋する」って意味らしいです。この口入稲荷は、かつて新吉原の口入宿にあった稲荷社で、それが玉姫稲荷の境内に遷されたものだそうです。

境内には小さなお狐さんがたくさんいて、奥には祠もありました。

開けていた玉姫稲荷の境内に比べ、ほんの少しですが空気が張り詰めていた気がします。奥の祠はうっかりすると見逃してしまいがちですので、訪れた際にはぜひ奥まで行ってみてください。

社務所で無事に御朱印も頂くことができましたので、玉姫稲荷神社を後にして、僕たちは次の目的地である「熱田神社」に向かうことに。

暑さがなかなか厳しい日でしたので、再びめぐりんバスを使うことも考えたのですが、地図を見るとどうやら徒歩の方が早そうです。笑

道も迷うことがなさそうでしたので、徒歩にて熱田神社を目指します。

 

玉姫稲荷神社の御朱印

こちらが、玉姫稲荷神社で頂いた御朱印です。

f:id:inudenchi:20170918121101j:plain

御朱印とお御守りを頂ける時間は、9時から17時までです。

 

玉姫稲荷神社へのアクセス

住所は東京都台東区清川2-13-20です。

◆電車

JR常磐線 / 日比谷線 / つくばエクスプレス 「南千住駅」から徒歩10分。

日比谷線 「三ノ輪橋」から徒歩13分。

南千住駅、三ノ輪駅どちらからも徒歩だと10分は掛かります。めぐりんバスを使うと「清川1丁目」バス停からすぐです。

◆車

社殿の左手にあたる場所に、参拝者用の駐車場があります。近くにコインパーキングもいくつかあります。

玉姫稲荷神社の公式HPはありません。公式のFacebookはこちらです。
https://www.facebook.com/tamahimeinarijinja/

 

玉姫稲荷神社周辺のパワースポット

 

台東区の神社一覧

僕が参拝した台東区の神社一覧です。