神社と御朱印を巡る男の旅

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神社と御朱印を巡る男の旅

おっさんによる神社と御朱印のブログです。

稲荷鬼王神社(新宿区)への参拝と御朱印

      【スポンサーリンク】
      

稲荷鬼王神社

f:id:inudenchi:20160812142957j:plain

新宿のパワースポット「稲荷鬼王神社」

新宿にあるパワースポット、稲荷鬼王神社に行って参りました。読み方は「いなりきおうじんじゃ」です。新宿の歌舞伎町にあります。

僕はこの日、嫁と二人で同じ新宿の花園神社に参拝しました。その後、大久保の皆中稲荷神社に徒歩で向かうため、てくてく歩いて行くと…この稲荷鬼王神社が途中で現れました。

ですので、こちらの神社を訪れたのは偶然です。たまたま通りかかって見つけました。

場所は歌舞伎町のホテルが立ち並ぶ一角にあります。区役所通り沿いです。

ぱっと見、そこまで境内も広くはなく、人もいません。

花園神社は人がたくさんいて賑やかだったのですが、こちらはとても静かです。

歌舞伎町にこんな神社があるなんて、今まで全く知りませんでした。おそらく過去にも通り過ぎたことはあるはずなのですが、神社と言うものに興味がなく、気付かなかっただけなんだろうな~と。

自分が知らないだけで、神社って意外と色々な場所にあるものですよね。

稲荷鬼王神社は、外から見てもなんだかとても雰囲気のある感じで、魅力的な感じがしました。

さっそく境内に入り参拝することに。

 

稲荷鬼王神社のご由緒

古くから、大久保村(現在の新宿区大久保辺り)の氏神であった稲荷神と、熊野(和歌山県)から勧請されていた鬼王権現を合祀して創建された神社です。

熊野には鬼王権現が現存していないため、日本で唯一の「鬼王」の名を持った神社です。

確かに他では見ない名前の神社ですね。

ご祭神は、稲荷神が穀物の神である宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)。鬼王権現が、夜を統べる神である月夜見命(つきよみのみこと)、稲作豊穣や疫病除けの神である大物主神(おおものぬしのかみ)、腕力や筋力を象徴する神である天手力男命(あめのたぢからのみこと)です。

名前に「鬼」が入っていますが、鬼をご祭神としているわけではないようです。

境内には、新宿山ノ手七福神の一つである恵比寿神も合祀されています。

また、浅間神社も合祀されていて、境内には富士塚もあります。

他にも、鬼が水鉢を乗せた珍しい彫刻(有形文化財に指定されているものです)、素敵な音を奏でる水琴窟など、境内は広くはありませんが、魅力的なものが幾つもあります。

古来より新宿の人々に信仰されている、とても歴史の古い神社です。

 

稲荷鬼王神社の参拝画像

歌舞伎町の区役所通り、ホテルが立ち並ぶ辺りを大久保方面に向かい歩いていると…

突然右側に鳥居が現れました。

f:id:inudenchi:20160812143530j:plain

 

鳥居の前の左側に、水鉢を担いだ鬼の彫刻が。こちらが有形文化財に指定されている彫刻です。水鉢が重そうで、なんだか罰を受けている感じもしますね。

f:id:inudenchi:20160812143545j:plain

 

一礼して鳥居をくぐり境内へ。そこまで広くはありませんが、静かでとても雰囲気があります。狛犬さんが正面を向いていますね。

f:id:inudenchi:20160812143605j:plain

 

こちらが左の狛犬さん。特徴的な形をした狛犬さんです。

f:id:inudenchi:20160812143637j:plain

 

こちらが右の狛犬さん。

f:id:inudenchi:20160812143649j:plain

 

参道を進むと、左側に恵比寿神社と書かれた鳥居が。こちらが新宿山ノ手七福神の一つである恵比寿神です。

f:id:inudenchi:20160812143702j:plain

 

恵比寿神社の鳥居をくぐると、左に手水鉢があります。他に手水舎など見当たりませんでしたので、こちらでお清めをしました。この場所には水琴窟があり、水を掛けてみたところとても心地よい音色が。

f:id:inudenchi:20160812143718j:plain

 

恵比寿神社に参拝後、稲荷鬼王神社の拝殿へ。

f:id:inudenchi:20160812143730j:plain

 

拝殿前にも狛犬さんがいました。先ほどの狛犬さんと合わせて、この神社には二対の狛犬さんがいます。こちらは左の狛犬さん。

f:id:inudenchi:20160812143756j:plain

 

こちらが右の狛犬さん。左右の狛犬さん両方に子供がいますね。

f:id:inudenchi:20160812143812j:plain

 

右の狛犬の隣に、またしても水琴窟がありました。「稲荷鬼王神社の天水琴」と書かれていますね。こちらにも水を掛けて、素敵な音色を楽しみました。

f:id:inudenchi:20160812143848j:plain

 

心を無にして参拝。

f:id:inudenchi:20160812143932j:plain

 

参拝後に、拝殿の左奥にある社務所で御朱印を頂きました。御朱印を頂きすぐに御朱印帳を閉じようとすると、神主さんが「神様がいますので、驚かせないようゆっくり閉じてください」と。今まで全くそんなこと考えたこともありませんでしたので…今後はゆっくり閉じます。神主さん、教えてくれてありがとう。

f:id:inudenchi:20160812143950j:plain

 

社務所の右手を見ますと、もう一つ鳥居が見えました。この左側に亀岩と呼ばれる岩があり、右の先には浅間神社の富士塚があるのですが…僕はそれを知らず、それらを見ずに鬼王神社を後にしてしまいました。とても後悔しています。バカ者です。

f:id:inudenchi:20160812144014j:plain

 

稲荷鬼王神社への参拝を終えて

今回僕は、稲荷鬼王神社をたまたま通り掛かり発見しました。

新宿歌舞伎町のホテル街の中にこんな神社があるとは。今まで全く知りませんでした。

偶然立ち寄った神社って、なんだか勝手にご縁を感じてしまいますよね。完全な思いこみだと思うのですが。笑

稲荷鬼王神社はとても雰囲気があって素敵な神社でした。境内も広いわけではないのですが、見どころが幾つもあります。

水鉢を持つ鬼も魅力的な彫刻でした。

そして、2つある水琴窟がとても良かったです。夏の暑い中を歩き回っていてバテ気味でしたので、とても癒されました。

僕は水琴窟と言うものを、数年前に訪れた江ノ島神社で初めて知り、とても感動した覚えがあります。それ以来水琴窟を見つけると、嫁を押しのけ我先にやってみるように。笑

水琴窟って本当に不思議です。

拝殿の奥に浅間神社の富士塚があるとのことなのですが、アホな僕はそれを見ずに帰って来てしまいました。帰宅後に自宅で稲荷鬼王神社を調べたところ、それを知り…とても後悔しています。

なぜ奥まで行ってみなかったんだ、と。

ですので次回訪れた際には、しっかりと拝殿の奥まで散策して来ようと、固く心に誓いました。

 

稲荷鬼王神社の御朱印

こちらが稲荷鬼王神社で頂いた御朱印です。

f:id:inudenchi:20160812144222j:plain

御朱印と御守りを頂ける時間は9時から17時までです。

 

稲荷鬼王神社へのアクセス

住所は東京都新宿区歌舞伎町2-17-5です。

◆電車

JR/小田急線/京王線/丸の内線 「新宿駅」から徒歩10~15分。

新宿駅から区役所通りを大久保方面にまっすぐです。職安通りに出る手前にあります。

都営大江戸線 「東新宿駅」徒歩3分。
A1出口を出てすぐです。

西武新宿線 「西部新宿駅」徒歩5分
大久保側の出口から出て、職安通りを東に進みます。

新宿駅からでもじゅうぶん徒歩圏内かと思います。歩くのが大変でしたら、大江戸線を利用すれば駅からすぐです。

◆車

参拝者用の駐車場はありませんが、近くにパーキングがたくさんあります。

稲荷鬼王神社の公式HPはありません。

 

稲荷鬼王神社周辺のパワースポット

 

新宿区の神社一覧

僕が参拝した新宿区の神社一覧です。