神社と御朱印を巡る男の旅

神社と御朱印を巡る男の旅

おっさんによる神社と御朱印のブログです。

荏原神社(品川区/北品川)への参拝と御朱印

      【スポンサーリンク】
      

荏原神社

f:id:inudenchi:20170609212348j:plain

品川のパワースポット「荏原神社」

品川区の北品川にあるパワースポット、荏原神社に行って参りました。読み方は「えばらじんじゃ」です。最寄駅は京浜急行の「新馬場駅」です。

この日は以前からずっと行きたかった、東京十社の一つでもある「品川神社」に参拝するため、嫁と二人で朝から品川にやって来ました。

僕は三鷹に住んでいるのですが、なかなか品川には来る機会がありません。ですので、品川神社に参拝しつつ、せっかくなのでその周辺の神社にもお参りして帰ろうと。

品川神社は京浜急京の新馬場駅からすぐの場所にあるのですが、同じく新馬場駅の近くには、他に二つ神社があるのを地図で発見。

一つが「稼穡稲荷神社」。もう一つが、この「荏原神社」です。

品川神社は品川の北側を護る神社として、「北の天王さん」とも呼ばれているそうです。それに対し、「南の天王さん」と呼ばれているのが、品川の南側を護るとされる荏原神社とのこと。

僕は事前にはそんなこと全く知らなかったんですけどね。荏原神社の読み方さえわからなかったので。笑

たまたま地図で見つけて、近くにあったので行ってみよう、と言う流れで行くことになったわけですよ。

品川神社と荏原神社は、ちょうど新馬場駅を挟んで反対側に位置しています。

昔は目黒川を挟んで北と南だったようですが、大正の終わりに河川改修工事が行われ、現在はどちらも目黒川の北側にあります。

品川神社への参拝を終えた僕たちは、まずは荏原神社の手前にあった稼穡稲荷神社へ。

稼穡稲荷神社はとても小さな神社でしたが、御神木の大きな銀杏が記憶に残る神社でした。

そして、この日三ヶ所目の参拝となる、荏原神社へと向かいます。綺麗に整備された目黒川沿いを歩きます。

目黒川と言えば、お花見の名所としても有名な川です。僕も過去にはお花見で目黒川を訪れたことがありますが、それ以外でこんなふうに普通に目黒川沿いを歩くのは、おそらく初めてです。

稼穡稲荷神社から歩き始めて、1~2分ほどでしょうか。

目黒川に掛かる赤い橋が視界に入り、その端が荏原神社でした。めちゃめちゃ近かったです。

無事到着です。

 

荏原神社のご由緒

ご祭神は、食物や穀物を司る女神である豊受姫之神(とようけびめのかみ)、日本人の総氏神である天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)、日本神話でヤマタノオロチを退治した須佐男之尊(すさのおのみこと)、水の神である高龗神(たかおかみのかみ)、腕力や筋力の神である手力雄之尊(たぢからおのみこと)の五柱です。

創建は飛鳥時代の末期、和銅2年です。現在の奈良県にあたる大和国にあった丹生川上神社より、水神である高龗神を勧請し、創建したのが始まりとされています。

その後、平安時代中期には、伊勢神宮より豊受大神(豊受姫之神)と天照大神(天照皇大神)が勧請され、鎌倉時代中期には、京都の八坂神社より、牛頭天王(須佐男之尊)が勧請されました。

また、平安時代の中期には、源頼義と義家が奥州征伐に際し参蘢し、品川の海中で身を浄めたと伝えられています。その際に府中にある大國魂神社にも参蘢しているため、大國魂神社の例祭である「くらやみ祭」では、現在でも大國魂神社の神職が、荏原神社に参詣し禊を行うそうです。

源氏、上杉氏、徳川氏など多くの武家からも厚く信仰された神社です。

もとは「貴船社」、「天王社」、「貴布禰大明神」、「品川大明神」などと称され、現在の「品川貴船神社」がある地に鎮座していて、後に現在の地に遷座しています。

社名が現在の「荏原神社」に改称されたのは明治8年です。これは、この辺り一帯が「荏原郡」と呼ばれる地名だったことに由来しています。

また、素盞嗚尊が祀られていることから、「南の天王さん」とも呼ばれ、南品川の鎮守として古くから崇敬されている神社です。これに対し「北の天王さん」と呼ばれていたのが「品川神社」です。

また、東海七福神の一社として、恵比須さまが祀られている神社でもあります。

 

荏原神社の参拝画像

目黒川に掛かる赤い橋、「鎮守橋」の北側が、荏原神社です。

f:id:inudenchi:20170609213149j:plain

 

こちらが荏原神社の鳥居です。参道の奥には拝殿も見えます。左手には目黒川が流れています。

f:id:inudenchi:20170609213205j:plain

 

一礼して鳥居をくぐります。

f:id:inudenchi:20170609213220j:plain

 

鳥居のすぐ先、左手には恵比須さまの像です。手には釣り竿を持った恵比寿さまです。手を合わせます。

f:id:inudenchi:20170609213238j:plain

 

参道を進みます。

f:id:inudenchi:20170609213255j:plain

 

右手には「明治天皇御東幸内侍所奉安所」と書かれた石碑です。

f:id:inudenchi:20170609213313j:plain

 

左手に手水舎。境内には緑が多く茂っています。

f:id:inudenchi:20170609213330j:plain

 

お清めをします。この正面に流れているのが目黒川です。

f:id:inudenchi:20170609213403j:plain

 

お清めを終え参道を進み、拝殿の正面に立ちます。思ったよりも大きな建物で、厳かな空気が漂っています。

f:id:inudenchi:20170609212348j:plain

 

拝殿前には狛犬さんです。こちらが左の狛犬さん。子供が二匹いて、下にいる子供がを咥えていました。珍しいタイプの狛犬さんです。

f:id:inudenchi:20170609213644j:plain

 

こちらが右の狛犬さん。同じく二匹の子供がじゃれています。

f:id:inudenchi:20170609213703j:plain

 

拝殿に施された彫刻が目を惹きます。

f:id:inudenchi:20170609213720j:plain

 

そしてなんと、わかりますでしょうか?拝殿の屋根からは、が顔を出しているんです。こちらは左側の屋根になります。

f:id:inudenchi:20170609213742j:plain

 

同じく右の屋根からもです。これには驚かされました。こんなふうに龍が顔を出している拝殿は、僕はここが初めてです。

f:id:inudenchi:20170609213809j:plain

 

拝殿の柱には、荏原神社のご由緒です。

f:id:inudenchi:20170609213836j:plain

 

目を閉じ、無になって参拝します。

f:id:inudenchi:20170609213922j:plain

 

彫刻が本当に見事で、見惚れてしまいます。

f:id:inudenchi:20170609213936j:plain

 

しばし彫刻を眺めます。屋根から顔を出している龍も、じっくり眺めてみます。

f:id:inudenchi:20170609213952j:plain

 

拝殿を背にして参道を見ると、こんな景色になります。

f:id:inudenchi:20170609214013j:plain

 

拝殿に向かい左手には石碑が二つ。奥の石碑には「皇太子殿下」の文字が刻まれていました。

f:id:inudenchi:20170609214027j:plain

 

こちらは、拝殿を左斜め前からのアングルで。

f:id:inudenchi:20170609214043j:plain

 

社殿の屋根も立派です。

f:id:inudenchi:20170609214055j:plain

 

こちらは拝殿を右斜め前から。拝殿前のスペースは広くはありません。

f:id:inudenchi:20170609214114j:plain

 

一通り境内を散策し、彫刻も思う存分眺めましたので、参道を戻ります。右に見えるのは恵比寿さまの背中です。

f:id:inudenchi:20170609214149j:plain

 

一礼して鳥居を出ます。鳥居の手前には、拝殿に向かい右側に社務所があります。社殿のような造りの社務所ですね。

f:id:inudenchi:20170609214218j:plain

 

社務所への入口には、何やら欄干の柱のようなものが二つ。何でしょう。

f:id:inudenchi:20170609214242j:plain

 

社務所の前、左手には狛犬さんです。一匹だけで右側にはいませんでした。

f:id:inudenchi:20170609214303j:plain

 

社務所から奥に進むと、その先には神楽殿があり、駐車場にもなっていました。拝殿の右手にあたる場所ですね。

f:id:inudenchi:20170609214326j:plain

 

社務所にて呼び鈴を押し、御朱印を頂きます。

f:id:inudenchi:20170609214343j:plain

 

荏原神社を背にして鎮守橋を見ると、こんな景色です。赤い橋が素敵です。

f:id:inudenchi:20170609214412j:plain

 

そこから目黒川沿いを新馬場駅方面へ少し進むと、荏原神社の末社があります。拝殿の左手にあたる場所です。

f:id:inudenchi:20170609214543j:plain

 

鳥居をくぐり、末社にも参拝します。左から「八幡宮」、「稲荷神社」、「熊野神社」と書かれていました。

f:id:inudenchi:20170609214608j:plain

 

末社の前には大きな楠も。静かな空気を満喫し、荏原神社を後にしました。

f:id:inudenchi:20170609214625j:plain

 

荏原神社への参拝を終えて

品川の南側を護ると言われる荏原神社

足を延ばして立ち寄ってみて良かったです。とても素敵な神社でした。

何が一番印象に残ったかと聞かれたら、やはり真っ先に出てくるのは、「屋根から顔を出している龍」ですね。

これは本当に凄かったです。まず、その存在に驚かされますし、見下ろされている感じが怖い気もしますし、威厳やかっこ良さもあります。

こんなふうに屋根から龍が出ている拝殿は、僕はこの荏原神社で初めて見ました。他の神社では見たことがありません。かなり珍しいものではないかと思います。

とは言え、観察力を著しく欠いている僕は、この龍に最初は全く気付かなかったんですけどね。笑

嫁が「あっ」と声をあげて指をさしましたので、それで初めて気付きました。もし嫁がいなかったら…下手をすると、僕は龍に気付かないまま帰って来ると言う、大変もったいないことをしていたかもしれません。恐ろしい。笑

屋根から顔を出す二匹の龍

とても素敵なものが見れました。

また、龍だけではなく、拝殿に施された彫刻がどれも見事で、ついつい魅入ってしまいます。どこから見たら良いかわからないくらいです。笑

荏原神社を訪れた際には、是非じっくり見てみてください。

拝殿そのものも、大きくて厳かな雰囲気がありました。かなり古い建物のようにも見えました。

拝殿前にいた狛犬さんも、子どもがじゃれている様子が可愛らしかったです。左の狛犬さんの足元には花があり、それも印象に残りました。

境内はそんなに広くはないのですが、緑も多くて気持ち良いです。静かな時間が流れる中、のんびり彫刻を見たり、拝殿を眺めたりさせて頂きました。

また、入口では笑顔の恵比寿さまがお出迎えしてくれますので、それでけで歓迎されている感じもしてしまいます。笑

素敵な見どころが色々あった神社でした。

僕は今回、たいした予備知識もなく、この荏原神社を訪れてしまい、なんだか少し申し訳ない気持ちにもなってしまいました。笑

勉強せずに参拝してごめんなさい、と。

神社名もちゃんと読めないまま参拝して申し訳ない、と…。

ちなみにですが、「エバラ焼肉のたれ」のエバラ食品は、現在は横浜に本社がありますが、元々はこの荏原の地にあり、社名もそれに由来しているそうです。余談ではありますが。笑

品川の北を護ると言われる「品川神社」、大きな銀杏のある「稼穡稲荷神社」、そして品川の南を護ると言われる「荏原神社」。

新馬場駅の近くにある三つの神社。どれも魅力的な神社で、回ることができて大満足です。

荏原神社への参拝を終えた僕たちは、新馬場駅から電車を乗り継ぎ、「東京の白蛇さま」とも呼ばれる「上神明天祖神社」へと向かいます。

 

荏原神社の御朱印

こちらが、荏原神社で頂いた御朱印です。

f:id:inudenchi:20170609215120j:plain

御朱印と御守りを頂ける時間は、9時から17時までです。

また、荏原神社では、東海七福神の恵比寿の御朱印が、お正月の元旦から15日の間のみ、頂くことができるそうです。

 

荏原神社へのアクセス

住所は東京都品川区北品川2-30-28です。

◆電車

京浜急行 「新馬場駅」から徒歩6~7分。北口を出て山手通りを渡るとすぐです。

りんかい線 「天王洲アイル駅」から徒歩15~20分。

最寄駅は新馬場駅です。天王洲アイル駅からも徒歩圏内かとは思いますが、けっこう距離はあります。

◆車

境内に参拝者用の駐車場があります。特別な日でなければ問題なく停められるかと思います。近くにコインパーキングもあります。

荏原神社の公式HPはこちらです。
http://ebarajinja.org/

 

荏原神社周辺のパワースポット

 

品川区の神社一覧

僕が参拝した品川区の神社一覧です。