神社と御朱印を巡る男の旅

おっさんによる神社と御朱印のブログです。

八坂神社(日野市)の御朱印と見どころ


      【スポンサーリンク】
      

日野八坂神社

日野八坂神社の紹介

日野のパワースポット「八坂神社」

日野市の日野本町にあるパワースポット、八坂神社に行って参りました。読み方は「やさかじんじゃ」です。日野八坂神社とも呼ばれています。最寄り駅はJR中央線の日野駅で、新撰組にもゆかりのある神社として知られています。

まだまだ冷たい風の吹く2月の前半、嫁と二人で八坂神社に参拝しました。

この日は日野税務署に野暮用がありまして、せっかくなので趣味である神社巡りをしつつ、税務署にも行ってしまおうという計画です。

僕たちはちょうど一年前にも、同じく日野税務署に野暮用がありまして、そのときにも税務署周辺の神社巡りをしています。

日野税務署って、電車で行くにはちょっと不便なところにありまして、そこそこの距離を歩くことになるんです。最寄り駅は京王線の高幡不動駅か、多摩都市モノレールの万願寺駅なのですが、どちらからも15分くらい歩かねばいけません。

前回僕たちは万願寺駅から歩き、その途中にある神社に立ち寄りました。「石明神社」と「八幡大神社」の二ヶ所で、どちらも小さな神社で御朱印などはありませんでしたが、初めて日野の神社に参拝することができました。

そして今年もまた日野税務署に出掛けるにあたり、用意周到な嫁が「行ってみたい神社」を提示してきたわけです。

それが、この記事で紹介する「八坂神社」です。

八坂神社はJR日野駅の近くにありまして、税務署に行くにはバスに乗らないと辛い距離です。とは言えしっかりバスも出ているようですので、問題はなさそうです。

嫁が調べたところによりますと、どうやら日野八坂神社は、御朱印に「新撰組のだんだら模様」が入ってるらしいと。

日野は新撰組のふるさとであり、副長の土方歳三や、六番隊長の井上源三郎の出身地でもあります。近藤勇や沖田総司も剣術道場に集っていたそうで、主要メンバーは日野で出会ったそうなんです。

八坂神社には、剣士たち23名と、近藤勇、沖田総司の名が連ねてある、奉献された剣術額(通常公開はされていません)もあるとのこと。

僕は小学生の頃に新撰組を知り、ダンダラの戦闘服に憧れた時期もありました。司馬遼太郎さんが土方歳三の生涯を書いた「燃えよ剣」も読んで感動した覚えもあります。

そんな新撰組にゆかりのある神社でしたら、是非とも行ってみたいものです。

実は前回日野を訪れた際にも、「土方歳三資料館」という看板を見掛けまして、一瞬入ろうかと思ったんです。

しかし、どうせ資料館に入るのでしたら、もう少し土方歳三について熱い気持ちを持って訪れたいと。笑

僕が「燃えよ剣」を読んだのはもう20年ほど前ですので、内容もほとんど覚えていません。ですので、せめてもう一度「燃えよ剣」を読んでから「土方歳三資料館」に行くことにしたんです。

しかしそれから一年、いまだに「燃えよ剣」は読んでいませんので、資料館にもまだ行けません。笑

土方歳三資料館はまだ先になりそうですが、その前に八坂神社に参拝し、新撰組の御朱印を頂くことにします。

中央線にて日野駅に降り立ち、歩くこと3分ほど。

迷うこともなく、八坂神社に到着しました。

 

ご由緒

ご祭神は素盞鳴尊(すさのおのみこと)です。日本神話の神様で出雲の祖神とされています。

総本社は京都の八坂神社で、約2,300社の関連神社があるとされています。

日野八坂神社の創建は、具体的な年代は不明ですが、室町時代には古文書にその名前も記載されていて、別当の普門寺も開創されていますので、それ以前であると考えられます。里の老翁が多摩川の洪水の後、淵から牛頭天王の像を見つけ、祠を建てて祀ったのが始まりと伝えられています。当初は社名も「牛頭天王社」でした。

現在の地に遷座したのは、戦国時代末期です。

江戸時代になると、日野の総鎮守として徳川幕府からも庇護され、拝殿の造営や本殿の再建も行われました。

幕末には後に新撰組の主要メンバーとなる面々が日野の地で出会い、八坂神社に剣術額を奉納しています。

社名は明治の神仏分離により、現在の「八坂神社」に改称されました。

古くから日野の総鎮守として信仰も厚く、新撰組ともゆかりのある神社です。

 

境内案内

こちらが日野八坂神社の入口の鳥居です。駅前の大きな通り沿いです。

f:id:inudenchi:20180330212712j:plain

 

鳥居の脇には昔の八坂神社の写真がありました。昭和3年と書かれています。

f:id:inudenchi:20180330212726j:plain

 

同じく鳥居の脇には、新撰組が奉納した剣術額の写真も。近藤勇や沖田総司の名前もあります。

f:id:inudenchi:20180330212748j:plain

 

一礼して鳥居をくぐります。天気は晴れ。気持ちのいい青空です。

f:id:inudenchi:20180330212801j:plain

 

鳥居をくぐりますと、正面に大きな切り株と、その後ろには社務所が見えます。

f:id:inudenchi:20180330212818j:plain

 

入口の左右にあった燈籠も大きなものでした。

f:id:inudenchi:20180330212829j:plain

 

境内は開けています。右手に社殿が見えます。

f:id:inudenchi:20180330212841j:plain

 

切り株に近付いてみます。切られる前はかなり大きな木がここにあったんですね。旧御神木と書かれていました。

f:id:inudenchi:20180330212903j:plain

 

右手に手水舎です。

f:id:inudenchi:20180330212930j:plain

 

お清めをします。手水鉢には龍がいました。

f:id:inudenchi:20180330212941j:plain

 

手水舎の後ろにも途中で一部が切られている木がありました。入口の昭和3年の写真には、おそらく切られる前の姿が写っている木です。その後ろが神輿庫です。

f:id:inudenchi:20180330213012j:plain

 

社殿へと進みます。倉庫のようにも見える、とても頑丈そうな社殿です。後から知ったのですが、こちらは覆殿(おおいどの)という社殿で、中の本殿を守っている建物でした。

f:id:inudenchi:20180330211840j:plain

 

覆殿の前に狛犬さんです。こちらが左の狛犬さん。

日野八坂神社の左の狛犬

 

こちらが右の狛犬さん。どちらもどことなく優しそうな顔立ちをしていました。

日野八坂神社の右の狛犬

 

覆殿へと進みます。

f:id:inudenchi:20180330213147j:plain

 

扉には八坂神社の神紋。祇園守紋(ぎおんまもりもん)というもので、京都の八坂神社にて頒布されていた御守を表したものだそうです。

f:id:inudenchi:20180330213209j:plain

 

冬の長閑な午後。時間を掛けて参拝します。

f:id:inudenchi:20180330213221j:plain

 

扉の奥を覗くと本殿を見ることができます。本殿にはたくさんの彫刻が彫られているのも見えます。

f:id:inudenchi:20180330213249j:plain

 

参拝を終え、境内を散策してみます。覆殿の手前には説明書きが三つ。本殿についてと、ご由緒と、古地図です。

f:id:inudenchi:20180330213319j:plain

 

社殿側から入口の方を見ますと、こんな景色です。広々としています。

f:id:inudenchi:20180330213338j:plain

 

こちらは覆殿を左斜め前から。がっちりと本殿を守っている感じがします。

f:id:inudenchi:20180330213352j:plain

 

覆殿に向かい左手に大きな木がありましたので、行ってみます。

f:id:inudenchi:20180330213411j:plain

 

大木の脇には境内社の山王社がありましたので、参拝します。

f:id:inudenchi:20180330213438j:plain

 

大木はケヤキでしょうか。近くで見ると迫力がありました。

f:id:inudenchi:20180330213506j:plain

 

しばらくケヤキを見上げ、ボケ~っとしてみます。笑

f:id:inudenchi:20180330213519j:plain

 

山王社の後ろ、八坂神社覆殿の左手にもう一つ境内社がありましたので、そちらにも行ってみます。

f:id:inudenchi:20180330213543j:plain

 

境内社は八幡社でした。鶴岡八幡宮から勧請されたものとのことです。八幡社には、青面金剛像と弁財天像が納められているようです。

f:id:inudenchi:20180330213601j:plain

 

社殿に施された龍の彫刻が見事でした。

f:id:inudenchi:20180330213620j:plain

 

八幡社の左手にも大きなケヤキが二本です。

f:id:inudenchi:20180330213641j:plain

 

こちらもしばしボ~っと見上げます。笑

f:id:inudenchi:20180330213653j:plain

 

一通り境内の散策を終え、授与所にて御朱印を頂くことにします。

f:id:inudenchi:20180330213708j:plain

 

御朱印は境内社も含め三種類ありました。八坂神社、八幡社、日枝神社(山王社)の三つです。全て頂きました。八坂神社のものが、新撰組のだんだら模様です。期間限定御朱印の案内なども出ていました。

f:id:inudenchi:20180330213738j:plain

 

日野八坂神社は、御朱印帳もだんだら模様。

f:id:inudenchi:20180330213802j:plain

 

最後にもう一度、境内の中央の旧御神木に手を触れます。

f:id:inudenchi:20180330213824j:plain

 

帰り際、覆殿の右手に筆塚があるもの見つけました。

f:id:inudenchi:20180330213840j:plain

 

青空の中、のんびりとした時間を過ごし、日野八坂神社を後にしました。

f:id:inudenchi:20180330213851j:plain

 

参拝を終えて

新撰組ゆかりの日野八坂神社。

2月の晴れた空の下、良い参拝ができました。

八坂神社の入口は大きな通り沿いに面しているのですが、最初僕たちは裏の細い道の方から回ってしまったんです。そうしますと、境内から道路の方に、大きなケヤキが突き出てるんです。

こんなふうに。

f:id:inudenchi:20180330214016j:plain

 

反対側からはこんな感じです。

f:id:inudenchi:20180330214041j:plain

 

かつてこの道路は川だったようですね。昔の写真もありました。

f:id:inudenchi:20180330214109j:plain

 

境内に入る前に、まずそれらの大きな木の存在感に圧倒されました。

そしてグルっと回って入口から境内に入りますと、真ん中あたりにも大きな木がありました。と言ってもそちらは一部しか残っていない切り株です。「旧御神木」と書かれていましたので、おそらく昔は大きな木が境内の真ん中にあり、何らかの事情で切られてしまったんだと思います。

切られずに大木が聳えていた頃の境内も見てみたくなりますね。

日野八坂神社では、他ではあまり見ることができないものを見ることができます。

それは「覆殿(おおいどの)」という建物です。

参道を進んだ先にある大きな建物で、本殿を保護する役割の建物だそうです。

小さな神社などで、祠を守るために建てられた覆屋(おおいや)はこれまでにも何度か見たことはあると思いますが、八坂神社のものは、普通に立派な倉庫のようでもあり、拝殿のようでもあり、大きいんです。

本殿をかっちりと守ってる建物になっています。

この覆殿は拝殿と一体になっているようでして、その入口にて参拝できるのですが、中の本殿も見えるようになっています。

通常は近くで見ることはできませんが、立派な彫刻が施されているのを見ることができます。江戸時代に造営されたものとのことですが、もっと近くでじっくりと見てみたくなるような本殿でした。

例大祭の日のみ近くで見ることができるそうですので、タイミングが合えば是非訪れてみたいです。

また、お隣には境内社の八幡社があるのですが、その社殿に彫られた龍の彫刻も見事でした。

境外からも目に留まった大きな木を境内からもじっくり眺めたり、ほとんど他の参拝者がいなかった境内をのんびり散策したりと、ゆっくりした時間を過ごさせて頂きました。

新撰組が奉納したという剣術額も見てみたかったのですが、そちらは通常公開はしていないとのことで、残念です。

しかしながら、だんだら模様の入った御朱印を無事頂くこともできましたし、境内社の日枝神社と八幡社のものも頂くことができました。

新撰組の御朱印は、2016年の冬くらいから始まったものだそうです。

他にも、季節限定の御朱印も色々とあるようです。

日野駅からすぐ近くにある八坂神社。

参拝できて良かったです。

この後僕たちは日野駅からバスに乗り日野税務署へ。

税務署にて長蛇の列に並ぶことにはなりましたが、なんとか野暮用も無事に終え、帰路に就きました。

次に日野に行く際には、土方歳三資料館にも是非立ち寄ってみたいと思います。

「燃えよ剣」、そろそろ読まねば。

 

御朱印

八坂神社では三つの御朱印を頂くことができます。

まず、こちらが八坂神社の御朱印です。

日野八坂神社の御朱印

 

こちらが八幡社の御朱印

日野八坂神社で頂ける八幡社の御朱印

 

こちらが日枝神社の御朱印です。

日野八坂神社で頂ける日枝神社の御朱印

御朱印の受付時間

御朱印を頂ける時間は、9時から17時までです。

(※神社のご都合によりお時間等変更になる場合もございますので、ご注意ください。)

 

アクセス

住所は東京都日野市日野本町3-14-12です。

電車

JR中央線 「日野駅」から徒歩3分。

改札を出て右方向(東)に大きな道路を歩いていきますと、3分ほどで右側に境内が見えてきます。

駐車場

境内が参拝者用の駐車場になっています。鳥居をくぐって駐車する形です。特別な日でなければ問題なく停められるかと思います。

日野八坂神社の公式HPはありません。

 

周辺のパワースポット

 

日野市の神社一覧

僕が参拝した日野市の神社一覧です。