神社と御朱印、ときどき寺院

美しき日本の神社をご案内。

日光二社一寺の御朱印と世界遺産巡り。見所と順路を解説。
諏訪大社の四社巡り。御朱印&記念品とおすすめのルート。
東京十社巡りの御朱印。順番や地図を解説。
宮島の神社仏閣巡りと御朱印を徹底解説。

桃園稲荷(中野区)の御朱印と見どころ



桃園稲荷

桃園稲荷の紹介

中野マルイの裏にある「桃園稲荷」へ

中野区中野にあるパワースポット、桃園稲荷大明神に行って参りました。読み方は「ももぞのいなり」です。中野駅の南口からすぐ、マルイの裏にある小さな神社で、中野レンガ坂と呼ばれる通りから、少し入った場所にあります。

この日は嫁の用事が中野でありまして、その足で周辺の神社巡りをちょこっとしようと、そんな予定で出掛けて参りました。

で、いつも通り事前に回る神社はピックアップして、コースもある程度決めたうえで出掛けて来てはいるのですが、その通りにいかないのがお散歩の醍醐味でもあります。

こちらの桃園稲荷ですが、完全にノーマークでして、たまたま通り掛かって見つけた神社です。

この日はまず、中野駅の南口より大久保通りまで出て、高円寺方面へと歩き、田中稲荷神社に参拝。続いてそのすぐ近くにある、高円寺天祖神社へ。

二社への参拝を無事に終え、今度は中野駅まで戻り、北側の新井薬師と打越天神北野神社へ、という予定でした。

うちの嫁は若い頃に高円寺と中野に住んでいたことがあり、中野時代のマンションが近くにあるとのことで、せっかくなのでその前を通って、中野駅まで帰ろうと。

そして目的のマンションに到着し、ついつい記念撮影なども。

自分が以前住んでいた家って、なんだか不思議な感じがしますよね。かつて生活していた部屋に、今は知らない人が住んでいるわけですし。当時の色んなことを思い出したりもします。

そんな寄り道をしつつ、マルイの裏から中野駅へと抜けようと歩いていますと、路地の途中にて、いきなり赤い鳥居と遭遇。

それが、桃園稲荷でした。

 

ご由緒

ご祭神は、社名からの推定になりますが、食物や穀物の神様で、五穀豊穣の神様である宇迦之御魂命(うかのみたまのみこと)です。倉稲魂命とも表記され、稲荷神と同一です。 また、「豊川荼枳尼真天」の幟と「豊川稲荷大明神」の提灯が境内にありますので、仏教の神で夜叉の一種とされる、荼枳尼天(だきにてん)をご本尊としているとも考えられます。

創建の年代や経緯は不明です。

毎年の初午祭を祝う行灯祭が、数十年前より行われています。

 

境内案内

中野マルイ裏の路地、桃園会館という建物の一部に、桃園稲荷は鎮座しています。

f:id:inudenchi:20210414212426j:plain

 

こちらが桃園稲荷の正面です。左右には「豊川荼枳尼真天」の幟旗と、奥には「豊川稲荷大明神」の提灯も見えます。

f:id:inudenchi:20210414211944j:plain

 

左脇には、手押しポンプ。

f:id:inudenchi:20210414212454j:plain

 

左奥へと続いている路地も、いい感じです。

f:id:inudenchi:20210414212526j:plain

 

一礼して鳥居をくぐり境内へ。足元に手水鉢があり、社殿の手前、左右には神狐さんです。

f:id:inudenchi:20210414212551j:plain

 

こちらが左のお狐さん。

桃園稲荷の神狐

 

こちらが右のお狐さん。どちらもどこどなくワンちゃんに似た感じの、お狐さんです。

f:id:inudenchi:20210414212631j:plain

 

中には祠が見えます。右手前には鐘です。

f:id:inudenchi:20210414212643j:plain

 

扁額には「桃園稲荷」。参拝させて頂きます。

f:id:inudenchi:20210414212654j:plain

 

参拝を終え、桃園稲荷を後にします。こちらはマルイ側から見た景色です。

f:id:inudenchi:20210414212720j:plain

 

参拝を終えて

たまたま通り掛かり、参拝することができた桃園稲荷。

うっかりすると見過ごしてしまいそうな、小さな神社でした。

嫁も中野に住んでいた頃、この辺りはよく歩いていたものの、神社の存在には気付いていなかったみたいです。僕も何度かこの辺りは通ったことある気はするんですけど、全く覚えがなく。

今まで素通りしてしまい、ごめんなさい。

こちらの神社は、扁額には「桃園稲荷」、幟には「豊川荼枳尼真天」、提灯には「豊川稲荷大明神」と書かれています。ご由緒が不明なので何とも言えませんが、豊川稲荷を勧請したものだとしますと、神社ではなく寺院という扱いにはなります。もしくは、豊川稲荷と、この地域の稲荷が合祀されている形かもしれません。

ご由緒がわかり次第、追記させて頂こうと思います。

現在、桃園という地名はなくなっているのですが、かつてこの辺りはそう呼ばれていた地域とのこと。中野は徳川家の鷹狩りの地であり、八代将軍吉宗がこの地を大変気に入り、桃の木を植えさせ、「桃園」となったそうです。

今の中野の景色からはとても想像できませんが、桃の花が咲く景色は『江戸名所図会』にも描かれ、多くの人が花見に訪れたそうです。

桃園稲荷は、そんな当時から、この地に鎮座しているのかもしれません。

毎年の初午祭では、五穀豊穣や商売繁盛を願い、80個以上の箱型行燈によるライトアップが行われているとのこと。

中野経済新聞のサイトに画像がありましたので、引用させて頂きます。

f:id:inudenchi:20210414212926j:plain
(引用元:https://nakano.keizai.biz/headline/2059/

この画像を見るだけでも、綺麗ですね。

ぜひこの風景も生で見てみたくなりました。

中野駅の周辺というのは、こういった細い路地がたくさんありますので、もしかしたら他にも、桃園稲荷のような小さな神社があるかもしれないですね。

歩いているだけで面白い街ですし、神社散策も兼ねつつ、また遊びに来たいと思います。

桃園稲荷、参拝できてよかったです。

続いては、駅の反対側にある、新井薬師へと向かいます。

 

御朱印

桃園稲荷の御朱印はありません。

(※ご対応等変更になる場合もございますので、ご注意ください。)

 

アクセス

住所は東京都中野区中野3-35-2です。

電車

JR中央・総武線/東西線「中野駅」から徒歩3分。

南口を出て右へ、道路を渡りマルイ脇の「中野レンガ坂」を右折です。少し先、最初の路地を左折し、道なりに進むと右手にあります。

駐車場

参拝者用の駐車場はありません。神社前の道路もかなり細いので、車で入るのも厳しいです。中野駅周辺にコインパーキングがありますので、そちらに駐車するのが確実かと思われます。

桃園稲荷の公式HPはありません。

 

周辺のパワースポット

 

中野区の神社一覧