神社と御朱印を巡る男の旅

おっさんによる神社と御朱印のブログです。

虎狛神社(調布市)の御朱印と見どころ



虎狛神社

虎狛神社の紹介

佐須町にある虎狛神社へ

調布市佐須町にあるパワースポット、虎狛神社に行って参りました。読み方は「こはくじんじゃ」です。旧佐須村の鎮守社で、京王線の布田駅、調布駅、国領駅の北に位置しています。

この日は調布に所用がありまして、その足で近くの神社にもちょこっとだけ立ち寄ろうという計画で、嫁と二人出掛けて参りました。

過去にも調布には神社巡りで何度か足を運んでいます。寺院ですけど深大寺にも数度参拝しておりますし、あとはゲゲゲの鬼太郎が住んでいる(設定)という布多天神社や、大ケヤキのある青渭神社、そしてその周辺の小さな神社にも訪れています。

そしてもう一か所、藤の花で有名な國領神社がありまして、そちらにもいつか行ってみたいな~と思っていたんです。

藤の花で有名なら、藤の季節に行くのが一番いいとは思ったのですが、この日は9月。藤は春のお花ですので、全く関係ない季節ではありますが…とりあえず行ってみようと。

そして國領神社の北には、こちらの記事で紹介する虎狛神社がありまして、その社名から、だいぶ前から気にはなっていた神社です。

「こはく」といえば宝石の琥珀をまず僕は思い浮かべますが、こちらの社名は「虎狛」です。虎と狛での「こはく」でして、なかなか見ない組み合わせですし、かっこいいな~と。

同じく嫁もそんな社名からか、だいぶ前から気になっていたみたいです。

國領神社は京王線の布田駅から徒歩5分ほどなのですが、虎狛神社は地図で確認しますと、そこからかなりの距離がありそうです。色々ググってみたところ、徒歩15分とか20分とか25分とか、けっこう差がある数字が出てはきましたが、そこそこの距離があることは間違いなさそうです。

僕たちは歩くことも好きなので、おもいきって歩いてもよかったのですが、まだまだ気温が30度超の残暑の厳しい時期でしたので、バスを使うことにしました。

バスですと、京王のバスや調布市のミニバスを使い、近くまで行けるようです。

まず布田駅より國領神社へ向かい、参拝を終えバス停を探しますと、三鷹通り沿いに「八雲台小学校前」バス停を発見。どうやらそこから吉祥寺方面へのバスに乗り「佐須」というところで下車すればいいみたいです。

いつものことながら、東京のバスって難しいよな~と思いつつ、なんとか無事に乗車し、目的の「佐須」で下車。ずっと佐須を「さす」と勝手に読んでいたのですが、「さず」が正しいみたいです。バスのアナウンスで気付きました。

そしてバス停から佐須街道を歩くこと5分ほどで、鳥居が見えてきました。

虎狛神社に到着です。

 

ご由緒

ご祭神は、大歳御祖神(おおとしみおやのかみ)と、倉稲魂命(うかのみたまのみこと)です。

大歳御祖神は、神大市比売とも表記される日本神話の神様で、倉稲魂命を産んだ女神でもあります。農耕や食料の神様で、市場の守護神としても信仰されています。

倉稲魂命は穀物や食物の神様で、宇迦之御魂神とも表記され、稲荷伸と同一です。

創建は飛鳥時代以前の崇峻天皇の時代とされています。

奈良時代には、深大寺の開祖である満功上人の祖父母が祀られ、深大寺の守護神とされました。満功上人の祖母の名が「虎」で、祖父が住んでいた佐須村の旧名である「柏野の里」が、「虎狛」の起源といわれています。「柏」が「狛」と誤記されたという説や、虎柏(とらかしわ)神社が正しいのではないかなど、諸説あるようです。

現在の本殿は江戸時代中期、天和の時代のもので、調布・狛江において最古の建物で、調布市の指定有形文化財となっています。

かつては境内にクロマツの巨木があり、東京都の天然記念物に指定されていましたが、平成8年に枯死しています。

また、漫画家のつげ義春の散歩コースだったといわれ、その作品中にも登場します。

大変古い歴史を持ち、人々に崇敬されてきた神社です。

 

境内案内

こちらが虎狛神社の入口です。東西に走る佐須街道に面しています。

f:id:inudenchi:20200921204327j:plain

 

脇にはご由緒書きです。

f:id:inudenchi:20200921204339j:plain

 

一礼して石鳥居をくぐります。扁額には龍が彫られていました。

f:id:inudenchi:20200921204407j:plain

 

参道の先に社殿が見え、後ろは森のようになっています。

f:id:inudenchi:20200921204428j:plain

 

鳥居の右手には大きな木が何本も。手前はソロ、奥はシラカシと書かれています。

f:id:inudenchi:20200921204443j:plain

 

ソロもシラカシも、どちらも見上げますと、さらにその大きさを実感します。

f:id:inudenchi:20200921204501j:plain

 

反対側、参道の左手はこんな感じで開けています。

f:id:inudenchi:20200921204516j:plain

 

両脇には狛犬さんです。こちらは左の狛犬さん。鞠を持っています。

虎狛神社の狛犬

 

こちらが右の狛犬さん。子供がいます。

f:id:inudenchi:20200921204545j:plain

 

右の狛犬さんの先が手水舎です。手水舎の脇には、でかい石碑がありました。

f:id:inudenchi:20200921204600j:plain

 

手水鉢には龍です。お清めをします。

f:id:inudenchi:20200921204622j:plain

 

拝殿へと進みます。拝殿の前には石灯籠と、右には立派な松が一本。

f:id:inudenchi:20200921203602j:plain

 

松の前には、鳥居と本殿についての説明書きがありました。後ろの建物が社務所です。

f:id:inudenchi:20200921204656j:plain

 

松を見上げますと、社務所の後ろにも大きな木が聳えているのが見えます。

f:id:inudenchi:20200921204709j:plain

 

拝殿の前へ。拝殿はいつ造営された建物かわからなかったのですが、かなり古いもののように見えます。

f:id:inudenchi:20200921204726j:plain

 

梁には左右に獅子、中央に虎が彫られています。

f:id:inudenchi:20200921204743j:plain

 

この場所に虎というのは珍しいのではないかと思います。「虎」が社名に入っている、こちらの神社ならではかもしれません。参拝させて頂きます。

f:id:inudenchi:20200921205024j:plain

 

境内を散策してみます。こちらは社殿を左斜め前から。派手さはありませんが、落ち着いていてとても綺麗な社殿です。

f:id:inudenchi:20200921205041j:plain

 

左手に神輿庫です。脇には石碑も見えます。

f:id:inudenchi:20200921205105j:plain

 

境内左手、佐須街道側にも石碑が一つ。境内には木が多く茂っています。

f:id:inudenchi:20200921205121j:plain

 

入口の鳥居近くにあるシラカシの木も大きいです。

f:id:inudenchi:20200921205136j:plain

 

大きな木が何本もある境内は、それだけで気持ちいいですね。

f:id:inudenchi:20200921205148j:plain

 

こちらは少し遠目に社殿を。

f:id:inudenchi:20200921205201j:plain

 

今度は右斜め前から。

f:id:inudenchi:20200921205214j:plain

 

社殿の右手、社務所の奥の方にも木々が茂り、森のようになっています。ひときわ大きい二本の木はソロの木です。

f:id:inudenchi:20200921205235j:plain

 

しばし木々を見上げて過ごします。

f:id:inudenchi:20200921205253j:plain

 

拝殿の奥の建物は、本殿ではなく覆殿です。江戸時代に造営されたという本殿は中に安置されているようで、残念ながら見ることはできません。

f:id:inudenchi:20200921205317j:plain

 

境内の後ろの方も森です。

f:id:inudenchi:20200921205338j:plain

 

心地よい境内にてしばらく過ごし、虎狛神社を後にしました。

f:id:inudenchi:20200921205353j:plain

 

参拝を終えて

社名が素敵な虎狛神社ですが、境内もとても心地よく、大きな木々が素晴らしい神社でした。

大木が高く聳えている姿は、自然と目を惹かれてしまいます。見ているだけで心地よくもあり、同時に畏怖の念も抱いてしまいます。

特に鳥居脇のソロやシラカシ、同じく社殿右手のソロ、そして社殿前の松などが、ひときわ大きくて圧倒されました。

かつては樹齢300年以上の巨大なクロマツがあったとのことで、是非そちらも見てみたかったです。『江戸名所図会』にも取り上げられていて、都内でも有数のクロマツの大木だったそうです。落雷や松くい虫の被害で、平成8年に枯死してしまったとのこと。残念でなりません。神社の御神木が落雷で、というのはこれまでにもけっこう見聞きしましたが、虫によっても枯れてしまったりするんですね。

クロマツは枯死してしまいましたが、境内の他の大木たちには、是非ともこの先ずっと生きていて欲しいです。

残暑の厳しい平日だったためか、境内には僕と嫁しかおりませんでしたので、大木の茂る素晴らしい空間を独占させて頂きました。好きなようにあちこち歩き回り、のんびりと過ごさせて頂きまして、なんだかとっても贅沢な時間でした。

社殿は木の茶色を貴重としたもので、煌びやかさなどは全くないのですが、落ち着いていてとても綺麗な建物でした。真新しいとかの綺麗ではなく、雰囲気が綺麗なんです。

調布・狛江では最古の建物である本殿は、覆殿の中に安置されているようでして、見ることはできませんでしたけれど、綺麗な社殿が見れて大満足です。

拝殿には虎の彫刻も施されていて、いいものが見れました。

虎狛神社は、本務社が狛江にある伊豆美神社のようでして、事前に調べましたところ、御朱印もそちらで頂けるようです。

最近思うように御朱印を頂けておらず、この日も最初に立ち寄った國領神社で、神職さまご不在のため頂けませんでしたので…。ぜひ近々、虎狛神社の御朱印を頂きに、伊豆美神社まで行ってみようと思います。

御朱印にこだわりは全くないんですけど、やっぱりあるなら欲しいと思ってしまうので。笑

この日訪れた國領神社と虎狛神社、どちらも素敵な神社でして、いい神社巡りができました。

無事に参拝を終えた僕たちは、再びバスに乗り布田駅に戻り、帰路に就きます。

夏の神社巡りは、暑さは厳しいですけれど、気持ちいいものですね。夏が終わる前に、またどこかに出掛けてみようと思います。

 

御朱印

虎狛神社の御朱印は、本務社である狛江の伊豆美神社で頂くことができます。

僕も伊豆美神社に参拝し、頂くことができましたら、追記で掲載させて頂きます。

 

アクセス

住所は東京都調布市佐須町1-14-3です。

電車

京王線 「布田駅」からバスで5分。

吉祥寺方面行きで「佐須」下車徒歩5分です。布田駅から徒歩ですと15~20分かかります。

京王線 「調布駅」からバスで10分。

京王バスなら吉祥寺方面行きで「佐須」下車徒歩5分、調布市ミニバスなら「虎狛神社」下車徒歩すぐです。

駐車場

境内に駐車できるスペースがありますので、特別な日でなければ駐車できるかと思います。また、近くにはコインパーキングもいくつかあります。

虎狛神社の公式HPはありません。

 

周辺のパワースポット

 

調布市の神社一覧

僕が参拝した調布市の神社一覧です。