神社と御朱印を巡る男の旅

おっさんによる神社と御朱印のブログです。

千代田区の初詣ならココ。おすすめの神社を一覧で紹介。


      【スポンサーリンク】
      

千代田区の神社マップ

はじめに、千代田区にある神社の一覧を、比較的大きめな神社を中心に以下の地図にまとめてみました。

境内画像、神社のご由緒、詳しいアクセスなどもリンク先で紹介していますので、そちらも是非参考にしてみてください。

地図上では全部で9ヶ所の、千代田区の神社を紹介しています。

9ヶ所が千代田区にある全ての神社ではありません。実際には小さな神社などを含めますと、その数はさらに多くなります。

上記の中でも靖国神社神田明神山王日枝神社東京大神宮平河天満宮などが、区内では大きな神社になります。

また、こちらの記事では神社のみの紹介で、寺院は紹介しておりませんので、ご了承ください。

次項より、千代田区のそれぞれのエリアごとに、初詣におすすめの神社をまとめてあります。

 

九段下の初詣

靖国神社

幕末から明治維新に掛けての内戦や、日清戦争、日露戦争、第二次世界大戦などの戦争で命を落とした英霊を祀る神社です。境内にある遊就館ではゼロ戦を見ることもできます。最寄り駅は九段下駅で、徒歩5分ほどです。(千代田区九段北3-1-1)

 

築土神社

首桶で運ばれた平将門の首が祀られているといわれる神社です。首桶の中身は誰も見ることが許されていませんが、首桶は現在も安置されているそうです。勝負事にご利益があるとされる勝守でも知られている神社です。最寄り駅は九段下駅で、徒歩2分です。(千代田区九段北1-14-21)

 

飯田橋の初詣

東京大神宮

天照皇大神(あまてらすおおみかみ)が祀られていて、東京での伊勢神宮の遥拝殿として創建された神社です。東京のお伊勢さまとして親しまれています。神前結婚式の発祥地であることなどから、縁結びのご利益でも知られています。各線の飯田橋駅から徒歩5分です。(千代田区富士見2-4-1)

 

半蔵門・麹町の初詣

平河天満宮

太田道灌が江戸城の守護神として創建した神社です。当初は江戸城内に鎮座していましたが、徳川二代将軍秀忠のときに現在の地に移っています。東都七福神の一つでもあります。半蔵門駅、麹町駅から徒歩ですぐです。(千代田区平河町1-7-5)

 

永田町・赤坂の初詣

日枝神社(山王日枝神社)

鎌倉時代に創建され、安土桃山時代に徳川家康が江戸城に居住した際には、江戸城の鎮守とされた神社です。徳川四代将軍家綱ときに、江戸城の裏鬼門を守るため現在の地に遷座されました。東京十社のうちの一つです。赤坂駅、溜池山王駅が最寄駅で、徒歩ですぐです。(千代田永田町2-10-5)

 

神田・御茶ノ水・秋葉原の初詣

神田神社(神田明神)

江戸時代には江戸総鎮守と呼ばれ、江戸を守護していた神社です。江戸三大祭りの一つである神田祭でも知られています。東京十社の一つです。御茶ノ水駅、新御茶ノ水駅、末広町駅、秋葉原駅から徒歩圏内です。(千代田区外神田2-16-2)

 

太田姫稲荷神社

太田道灌の姫が天然痘を病んだ際に、この神社に祈願して治ったと伝えられている神社です。現在でも疱瘡平癒にご利益があると言われています。御茶ノ水駅、新御茶ノ水駅、神保町駅から徒歩ですぐです。(千代田区麹町1-5-4)

 

柳森神社

江戸城の鬼門除けとして、京都の伏見稲荷を勧請して創建された神社です。江戸三森の一社です。江戸時代より商売繁盛の神様として崇敬されています。秋葉原駅、岩本町駅から徒歩ですぐです。(千代田区神田須田町2-25-1)

 

水道橋の初詣

三崎稲荷神社

創建は鎌倉時代の初期と考えられていて、旧三崎村の鎮守です。通称、三崎神社として親しまれています。水道橋駅の東口から徒歩ですぐの場所に位置しています。(千代田区三崎町2-9-12)

 

隣接地域の神社

お住まいの地域によっては、千代田区と隣接する・新宿区・港区・中央区・台東区・文京区の神社の方が行きやすい場合もあるかと思います。

周辺地域の初詣にお勧めの神社についても、下記にそれぞれリンク記事を貼っておきましたので、是非チェックしてみてください。