神社と御朱印を巡る男の旅

おっさんによる神社と御朱印のブログです。

栗木御嶽神社(川崎市/栗平)の御朱印と見どころ


      【スポンサーリンク】
      

栗木御嶽神社

栗木御嶽神社の紹介

栗平のパワースポット「栗木御嶽神社」

川崎市麻生区にあるパワースポット、栗木御嶽神社に行って参りました。読み方は「くりきみたけじんじゃ」です。小田急線の栗平駅が最寄駅で、徒歩ですと駅から10~15分です。住所は麻生区の栗木です。

僕たちが栗木御嶽神社に参拝することとなったきっかけは、少々不純な動機ではありますが、御朱印です。

この日は午前中に、新百合ヶ丘にある十二神社に参拝しまして、そちらの御朱印が栗木御嶽神社にて頂けるとのことで、向かうこととなった次第です。

十二神社は小高い丘の上にある神社で、まるで天空にあるかのような境内がとっても素敵な神社でした。社務所はありましたが閉まっていまして、どうやら栗木御嶽神社が社務を兼務しているようです。素敵な神社でしたし、御朱印を頂けるのでしたら、是非頂いておきたいところ。

とはいえ僕は、このようなブログを書いているにも関わらず、そこまで御朱印というものにこだわりがあるわけではないんですけどね。笑

御朱印がきっかけで参拝するというパターンもありますけれど、御朱印の有る無しに関係なく、たぶん神社そのものが好きなんだと思います。

御朱印というのは、神社との縁を結ぶものですので、もちろん参拝後に頂けるものでしたら、頂きたいとは思っています。しかし、どうしてもというわけではありません。

このたびも、もし頂ける場所が遠いところでしたら、おそらくあっさりと諦めていたかと思います。

しかし今回は、頂けるのは小田急線で2駅先です。たった2駅でしたら、これは是非頂いておこうと。

それに、先ほども書きましたが、御朱印というのは神社を訪れる一つの「きっかけ」にはなるものです。

栗木御嶽神社という神社は、この流れがなかったら、今後も訪れる機会がなかった可能性も大きいです。その存在すら知りませんでしたからね。

そもそも、神社のある栗平という駅すら、僕は初めて耳にする駅名でしたし、もしかしたら一生縁のない神社だったかもしれません。

ですので栗木御嶽神社は、十二神社から紹介してもらったようなものです。僕としては、そんな感覚なんだと思います。

十二神社のある新百合丘駅から小田急線に乗車し、2駅先の栗平駅へ。

地図で確認したところ、駅からは少々距離があるようですが、じゅうぶん徒歩圏内です。

季節は5月の下旬、この日は気温の高い日でしたので、熱中症に気を付けつつ、水分を摂りながら歩きます。

地図を頼りに歩き始め、12~13分ほどでしょうか。右手に鳥居が見えました。

無事、栗木御嶽神社に到着です。

 

ご由緒

ご祭神は、日本古代史上の伝説的英雄である日本武尊(やまとたけるのみこと)と、ヤマタノオロチを退治した勇猛な神である素盞鳴尊(すさのおのみこと)です。

栗木御嶽神社は、古くから栗木の地にあった、日本武尊をご祭神とする御嶽神社と、素盞鳴尊をご祭神とする八雲神社、この二社が一つになった神社です。

御嶽神社と八雲神社、それぞれの創建の年代や経緯は不明ですが、共に村の守り神として崇敬されていました。

大正8年に、現在の地にあった八雲神社に御嶽神社が合祀され、御嶽神社の名が残されました。

平成6年には区画整理に際し、再建されています。

レイライン上にある神社としても知られ、厄除けや縁結びにご利益があるとして、厚く信仰されている神社です。

 

境内案内

こちらが栗木御嶽神社の入口です。坂の途中にあります。

f:id:inudenchi:20190615212026j:plain

 

鳥居の先には石段があり、二つ目の鳥居も見えます。その先に社殿の姿も。

f:id:inudenchi:20190615212129j:plain

 

一礼して石鳥居をくぐり境内へ。

f:id:inudenchi:20190615212143j:plain

 

数段の短い石段を上ります。

f:id:inudenchi:20190615212202j:plain

 

二之鳥居の先にもまた、数段の石段があります。

f:id:inudenchi:20190615212224j:plain

 

参道の左右は広々としています。こちらは左側。

f:id:inudenchi:20190615212246j:plain

 

こちらが右側です。開放感のある境内です。

f:id:inudenchi:20190615212258j:plain

 

二つ目の鳥居をくぐります。

f:id:inudenchi:20190615212309j:plain

 

石段を上りますと、さらに開放感のある空間へ。空がとっても広く感じる境内です。

f:id:inudenchi:20190615212344j:plain

 

右手に手水舎です。

f:id:inudenchi:20190615212439j:plain

 

お清めをします。

f:id:inudenchi:20190615212451j:plain

 

手水舎には、かっこいい龍がいました。少し後ろからのアングルで。

f:id:inudenchi:20190615212508j:plain

 

参道を拝殿へと進みます。

f:id:inudenchi:20190615211703j:plain

 

拝殿前には狛犬さんです。こちらが左の狛犬さん。

栗木御嶽神社の左の狛犬

 

こちらが右の狛犬さん。左右どちらも、口の中など一部が赤いタイプの狛犬さんです。

栗木御嶽神社の右の狛犬

 

拝殿の前に立ちます。社殿は平成8年に再建された建物とのことで、新しくて綺麗です。

f:id:inudenchi:20190615212608j:plain

 

時間をかけて、参拝させて頂きます。

f:id:inudenchi:20190615212621j:plain

 

境内を散策してみます。まず、拝殿を振り返るとこんな景色です。とっても広々としています。

f:id:inudenchi:20190615212636j:plain

 

こちらは拝殿を右斜め前から。

f:id:inudenchi:20190615212649j:plain

 

境内の右奥にも鳥居が見えましたので、行ってみます。

f:id:inudenchi:20190615212705j:plain

 

栗木御嶽神社は、後ろにも参道がありました。こちらの鳥居の前にも狛犬さんです。

f:id:inudenchi:20190615212723j:plain

 

鳥居の前からは、本殿の姿も見えます。

f:id:inudenchi:20190615212733j:plain

 

こちらの狛犬さんは、拝殿前のものと比べてかなり古いです。

f:id:inudenchi:20190615212747j:plain

 

鳥居の先には、境外へと続く石段があり、もう一つ鳥居がありました。表から入っても裏から入っても、拝殿までに二つの鳥居をくぐる形ですね。

f:id:inudenchi:20190615212810j:plain

 

こちらは、境内の右奥から中央を見た景色です。

f:id:inudenchi:20190615212824j:plain

 

再び拝殿前の広い空間に戻ります。手水舎の後ろにある黒い碑には、御由緒が書かれていました。

f:id:inudenchi:20190615212842j:plain

 

一通り境内を散策し、左手にある授与所にて御朱印を頂きました。近隣にある十二神社と月読神社の御朱印も、こちらで頂くことができます。

f:id:inudenchi:20190615212859j:plain

 

こちらは社務所の前から見た拝殿です。左斜め前からですね。

f:id:inudenchi:20190615212912j:plain

 

空の広い境内でしばらく過ごし、栗木御嶽神社を後にしました。

f:id:inudenchi:20190615212924j:plain

 

参拝を終えて

栗木御嶽神社は、境内が広々とした印象を受ける、気持ちのいい神社でした。

周囲に高い建物がなかったからなのか、空がとても広く感じる場所でした。ですので特に高台にあるというわけではないのですが、なんとなく空の上にあるかのような、そんな感覚にすらなってしまいます。

こちらに来るきっかけとなった新百合ヶ丘の十二神社も、天空にある神社のような境内でしたので、この日は二社続けて、そのような場所を訪れたことになります。

栗木御嶽神社は、もう入口から広々とした感じがありました。

石鳥居が二つ並び、その間を緩やかな石段が延びています。ですので境内は、ほんの少し周囲よりは高い位置にある形ですね。

周りには木々の姿もありますが、生い茂っている感じではなく、そこまで大きな木もありませんので、広々とした感じになっているのではないかとも。

僕たちが訪れたのは平日の午後でして、他の参拝者の姿は一切なく、始終境内には僕と嫁しかいませんでした。そんな環境が、より不思議な空間を造っていた気がします。

参拝後、しばらくはそんな境内の空気を満喫させて頂きました。とっても気持ち良かったです。

そして栗木御嶽神社を訪れるきっかけになった御朱印も、無事頂くことができました。

御朱印を頂く際に、本社は青梅の武蔵御嶽神社かお伺いしたところ、木曽の御嶽神社とのことでした。

僕たちはまだ木曽の御嶽神社は行ったことがありませんので、そちらもいつか行ってみたいです。

御朱印というきっかけではありますが、栗木御嶽神社、参拝できてよかったです。

しかしただ一つ、僕たちは失敗をしてしまったんです…。

授与所では無事、十二神社と栗木御嶽神社の御朱印を頂くことができたのですが、なんともう一社、同じ麻生区内にあるという「月読神社」の御朱印を頂けると知りまして、つい頂いてしまったんです。近くだということでしたので、この後行ってみようと、気軽な気持ちで。

本来、御朱印というのは参拝してから頂くものですので、順番は逆になってしまいましたが、すぐに行けばセーフということにして。笑

ところがどっこい。

月読神社は、地図で確認したところ、同じ麻生区内ではありましたが、意外と遠かったんです…。柿生駅というところからバスで行けるようですが、少々行きづらいことが判明します。

ですので、御朱印を頂いておいて参拝しないというのは、完全なクソ野郎ではありますが、月読に向かうのは後日にすることに。

この記事の前半で、さんざん御朱印について偉そうなことを書いておきながら、面目ないです。

御朱印との順番は逆になってしまいましたが、栗木御嶽神社に月読神社を紹介して頂いたようなものですので、必ずやどこかで参拝しようと思います。

栗木御嶽神社、参拝できてよかったです。

 

御朱印

こちらが栗木御嶽神社の御朱印です。

栗木御嶽神社の御朱印

御朱印の受付時間

御朱印と御守りを頂ける時間は、だいたい10時から16時くらいまでとのことですが、ご不在のこともあるようですので、確実に頂きたい方は、事前の電話確認をお勧めします。電話番号は「044-989-4735」です。

栗木御嶽神社では、同じ麻生区にある、十二神社月読神社の御朱印を頂くこともできます。

(※神社のご都合によりお時間等変更になる場合もございますので、ご注意ください。)

 

アクセス

住所は神奈川県川崎市麻生区栗木1-10-1です。

電車

小田急多摩線 「栗平駅」から徒歩12~15分。

南口を出て徒歩12~15分です。坂を下り大きな道路に出たら、最初の交差点を右折ししばらく歩き、「栗木御嶽神社入口」の交差点を左折です。駅近くが少しわかりづらい道のりですので、地図を確認しながらをお勧めします。

駐車場

参拝者用の駐車場があります。神社の裏手に15台ほど停められる駐車場がありますので、特別な日でなければ、問題なく駐車できると思います。また、入口の鳥居の脇にも、数台でしたら駐車できるようになっています。

栗木御嶽神社の公式HPはありません。

 

周辺のパワースポット

 

川崎市の神社一覧

僕が参拝した川崎市の神社一覧です。