神社と御朱印を巡る男の旅

おっさんによる神社と御朱印のブログです。

昭島市の初詣ならココ。おすすめの神社を一覧で紹介。



昭島市の神社マップ

初詣は大きな神社に出掛けるという方も多いとは思いますが、ご自分の住んでいる地域を守ってくださっている神社(氏神さま)に参拝することも大切です。

はじめに、昭島市にある神社の一覧を、比較的大きめな神社を中心に以下の地図にまとめてみました。

境内画像、神社のご由緒、詳しいアクセスなどもリンク先で紹介していますので、そちらも是非参考にしてみてください。

地図上では全部で12ヶ所の、昭島市の神社(一部寺院)を紹介しています。

12ヶ所が昭島市にある全ての神社ではありません。実際には小さな神社などを含めますと、その数はさらに多くなります。

昭島市には特別大きな神社というのはありませんが、上記の中では拝島日吉神社などが、比較的大きめの神社になります。寺院を含めますと、拝島大師が最も人気のある場所になるかと思います。

こちらの記事では一部を除き、基本的には神社のみの紹介で、寺院は紹介しておりませんので、ご了承ください。

次項より、昭島市の初詣におすすめの神社を地域別にまとめてあります。

 

昭島の初詣

上川原日枝神社

旧上川原村の鎮守社です。安土桃山時代、あるいはそれ以前の創建と考えられています。日本神話の英雄である日本武尊(やまとたけるのみこと)と、山の神様である大山咋命(おおやまくいのかみ)をお祀りしている神社です。かつては山王権現と称されていました。昭島駅の南口から徒歩5分ほどになります。駅のすぐ南にある天珠惣十稲荷神社は、こちらの境外末社です。(昭島市上川原町2-18-5)

 

宮沢諏訪神社

平安時代の刀工で、名工として知られた三条小鍛冶宗近の子息が当地を開拓し、宗近の信奉神だった信州の諏訪大社を勧請し、創建したといわれている神社です。境内の湧水は東京の名湧水57選にも選ばれていて、宮沢という地名の由来にもなっています。最寄駅は中神駅になります。(昭島市宮沢町2-35-23)

 

駒形神社

旧大神村の鎮守社です。創建の年代などはわかっていませんが、鎌倉時代ともいわれています。総本社は岩手にある駒形神社です。戦国時代に武田勝頼が八王子の滝山城を攻めた際に焼失していますが、その後再建されています。多摩川の北、昭島駅と小宮駅の中間辺りに位置しています。(昭島市大神町3-6-8)

 

拝島の初詣

拝島大師(本覚院)

天台宗の寺院で、正式名称は本覚院です。通称は拝島大師として親しまれています。多くの参拝者が訪れる、この辺りでは一番大きな寺院になります。安土桃山時代、織田信長の焼き討ちにあった比叡山から慈恵大師像が救い出され、この地に安置され、創始されたと伝えられています。お正月の「だるま市」でも知られています。拝島駅、立川駅からバスで行くこともできます。(昭島市拝島町1-6-15)

 

拝島日吉神社

拝島山大日堂と隣接して、同じ境内に鎮座しています。創建は平安時代の前期といわれています。また、安土桃山時代に拝島山大日堂が再興された際に、その守護社として創建されたともいわれています。山王大権現と称されていましたが、明治になり現在の日吉神社に改称されています。拝島大師からすぐ、北西に位置しています。(昭島市拝島町1-10-19)

 

拝島天神社

安土桃山時代の創建です。国立にある谷保天満宮より御分霊を勧請し、創建されました。学問の神様である菅原道真公をお祀りしている神社です。明治には八幡日吉神社を合祀しています。拝島駅と多摩川の間にあります。(昭島市拝島町2-14-7)

 

拝島神明神社

室町時代の前期に創建されたといわれている神社です。新田義貞の家臣である三津田源之進という人物が、御神体を奉じて創建したといわれています。かつては町後神社と称されていましたが、明治になり現在の神明神社へと改称されています。(昭島市拝島町1-19-11)

 

中神の初詣

熊野神社

旧中神村の鎮守社で、室町時代の前期に創建された神社です。境内には樹齢400年といわれる大きな銀杏があります。また、400年以上の歴史を持つといわれる、三匹の獅子が巡行する獅子舞は、東京都無形民俗文化財にも指定されています。中神駅からは徒歩15分ほど掛かりますが、立川などからバスで行くこともできます。(昭島市中神町1-12-7)

 

十二神社

かつては多摩川の中洲にあった旧築地村の鎮守社です。江戸時代の後期、多摩川の洪水により築地村が流失してしまい、この辺りの地に村とともに移されたいわれています。その後、平成14年に都道の開通に伴い、現在の地に遷座しています。古くは十二権現と称されていましたが、明治になり現在の十二神社に改称されています。中神駅から徒歩10分ほどです。(昭島市玉川町5-9-21)

 

福島神社

創建の年代は定かではありませんが、戦国時代以前と考えられています。かつては蔵王権現社、御嶽神社と称されていましたが、明治になり福島公民館の地より、現在地に遷座し、その際に社名も現在の福島神社へと改称されています。東中神駅の南に位置しています。(昭島市福島町1-12-6)

 

中神日枝神社

熊野神社が中神村の鎮守となる前は、当社が鎮守だったといわれています。創建の年代などや経緯などはわかっていません。「山王様」と称され、親しまれてきた神社です。中神駅の南に位置しています。(昭島市中神町2-1-12)

 

郷地稲荷神社

旧郷地村の鎮守です。戦国時代に創建され、江戸時代の前期に再建されたと伝えられています。境内には樹齢400年といわれる大ケヤキ(一部台風で幹が折れてしまっている)があり、昭島市の指定文化財にもなっています。最寄駅は西立川駅です。(昭島市郷地町1-12-1)

 

隣接地域の神社

お住まいの地域によっては、昭島市と隣接する・立川市・福生市・八王子市・日野市の神社の方が行きやすい場合もあるかと思います。

周辺地域の初詣にお勧めの神社についても、下記にそれぞれリンク記事を貼っておきましたので、是非チェックしてみてください。

・八王子市(未作成)
・日野市(未作成)