神社と御朱印を巡る男の旅

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神社と御朱印を巡る男の旅

おっさんによる神社と御朱印のブログです。

出世稲荷神社(中央区/日本橋)への参拝と御朱印

      【スポンサーリンク】
      

出世稲荷神社

f:id:inudenchi:20170417180258j:plain

日本橋のパワースポット「出世稲荷神社」

中央区の日本橋にあるパワースポット、出世稲荷神社に行って参りました。読み方は「しゅっせいなりじんじゃ」です。最寄駅は日比谷線と浅草線の人形町駅になります。

この日は嫁と二人で日本橋周辺の神社巡りに出掛けてきました。

お昼前くらいに日本橋駅に降り立ち、そこからいくつか神社を回り、この「出世稲荷神社」が六ヶ所目の神社となります。

これまでにも同名の神社には、他の神社で境内末社として祀られているものには何度か参拝したことがありますが、末社ではない神社に訪れるのは初めてです。

社名からして、出世にご利益があるであろう神社なことは、容易に推測できます。

僕は出世とは縁のない人生を歩んでいるポンコツな大人ですので、訪れる前から、出世稲荷のご利益にあやかりたいと、汚れた邪念を丸出して出世稲荷を目指します。笑

この直前には、この日五ヶ所目となる「椙森神社(すぎのもりじんじゃ)」に参拝しましていまして、そこから徒歩で移動です。

地図を頼りに徒歩で神社巡りをしていたのですが、日本橋にはめちゃめちゃ神社が多いんです。本当は全て回りたかったのですが、時間に限りのある中での参拝でしたので、回る神社は最小限に絞ります。

地図で確認しますと、五ヶ所目の「椙森神社」から「出世稲荷神社」は歩いてすぐです。それにどうやら同じ道路沿いにあるようで、迷うことなく簡単に着けそうです。

と思い、余裕こいて歩いていたのですが…

迷いました。笑

いや、迷ったと言いますか、見つけられなかったんです、出世稲荷神社が。

椙森神社から一本道でしたので、迷うはずがないんですけどね。そこそこ歩いても神社らしきものが見当たらないんですよ。

ですので少々焦りながら、地図を確認し、GPSで現在地も確認します。

するとなんと、とっくに通り過ぎてました。

おかしい、神社なんてなかったぞ?と思いながら、神社があると思われる近辺をウロウロしていますと…。

ありました!

歩いていた道路から、一本脇に入った細い道に、出世稲荷の赤い幟旗が立っていました。

うっかり見逃してしまったようです。無事到着しました。

しかしです。

出世稲荷神社は、全く予想外の場所にあったんです。こんなところに?と言う場所に。

 

出世稲荷神社のご由緒

ご祭神は、五穀豊穣の神様である倉稲魂命(うかのみたまのみこと)です。

創建は江戸時代の初め、元和3年です。北条家の浪人であり、吉原遊郭を作った庄司甚右衛門と言う人物の仮屋敷がこの場所にあり、その屋敷神として京都の伏見稲荷よりご祭神を勧請して祀ったのが始まりとされています。

大正時代の関東大震災で社殿が焼失してしまいましたが、その後近くにある椙森神社の再建時に、取り壊しで出た材木を使い、昭和6年に再建されました。

創建当時の名称は不明ですが、江戸時代の歌舞伎役者である初代市川團十郎が、日参して祈願し名を上げたことから、出世稲荷神社と称されるようになったそうです。

以来、芸能関係者などからも信仰の厚い神社です。

現在は後年建てられたマンションの敷地内に鎮座しています。

近隣にあった岩代稲荷神社も合祀されています。

 

出世稲荷神社の参拝画像

地図見ながらウロウロしていますと、細い路地に出世稲荷神社の赤い幟旗を見つけました。

f:id:inudenchi:20170417180821j:plain

 

幟旗の脇には、出世稲荷神社のご由緒

f:id:inudenchi:20170417180838j:plain

 

路地を進むとマンションがあり、その入口にも幟旗。さらには社名が刻まれた石碑も見えます。

f:id:inudenchi:20170417180855j:plain

 

どうやらここが出世稲荷神社の入口のようです。完全にマンションの駐輪場ですが。

f:id:inudenchi:20170417180916j:plain

 

ここでいいのかな?と思いながら駐輪場を進んでみますと、奥に幟端と鳥居が見えました。どうやら間違ってはいないようです。

f:id:inudenchi:20170417180932j:plain

 

出世稲荷神社の鳥居に到着しました。こんな場所にあったとは。

f:id:inudenchi:20170417180952j:plain

 

一礼して鳥居をくぐりますと手水鉢がありました。このような場所ですが、手入れは行き届いている感じがします。

f:id:inudenchi:20170417181008j:plain

 

こちら、出世稲荷神社の社殿正面になります。狭いところに押し込まれている感がありますね。

f:id:inudenchi:20170417180258j:plain

 

社殿には「出世稲荷大明神」と「岩代稲荷神社」と書かれています。

f:id:inudenchi:20170417181116j:plain

 

余計なことを考えず、無になって参拝。

f:id:inudenchi:20170417181125j:plain

 

社殿の中には金色のお狐さんがいるのが見えました。

f:id:inudenchi:20170417181140j:plain

 

社殿を背にするとこんな景色になります。左手に鳥居があり、その先が駐輪場です。前方に見える道は通り抜けできませんでした。

f:id:inudenchi:20170417181152j:plain

 

参拝を終え、出世稲荷神社を後にしました。

f:id:inudenchi:20170417181203j:plain

 

出世稲荷神社への参拝を終えて

出世稲荷神社は、とても変わった場所にある神社でした。

完全にマンションの中、しかも奥の方にありました。

家やマンションの敷地内に神社があるのは、僕はこれまでにも何度か見たことがあります。ですのでそれ自体は特に珍しいものではないかと思います。

ただ、マンションの駐輪場が参道代わりになっていて、その先、かなり奥まったところに鳥居と社殿があると言う、この出世稲荷神社のようなパターンは初めてでした。

事前にそこまでしっかりとは調べていませんでしたので、予想外の場所でした。それ故になかなか見つけられなかったんですけどね。笑

ここでいいのかな?と一瞬つい躊躇してしまうような場所でした。笑

他にも参拝者で賑わっていたりしたら、だいぶ雰囲気も違うとは思うのですが。あいにく周囲を見渡しても僕と嫁以外は誰一人見当たらず。知らないマンションの駐輪場に立ち入ると言うのは、不法侵入感がありましたので。笑

ですので奥に鳥居を見つけた時は安心しました。

境内は薄暗い場所でしたし、社殿も建物に挟まれている、狭い場所にあります。最初はこんな場所でちょっとかわいそうだな~なんて思ってしまったのですが…。

逆に考えれば、マンションが建てられたにも関わらず、神社をその場所に残してくれたんだなって。そう思ったら、少し見方も変わるものですね。

薄暗く狭い境内ではありますが、手入れも行き届いています。掃除も綺麗にされていましたし、鉢植えもいくつか置かれていました。きっと毎日手入れをしてくれている方がいらっしゃるんだと思います。

社殿の中には金色のお狐さんがいるのが見えて、そちらもけっこう惹きつけられるものがありました。

変わった場所にあるからなのか、なんとなく境内は不思議な空間になっていた感じがします。最初は薄暗く、イメージとしても暗い感じの神社だったのですが、境内にいるといつの間にかそんな暗いイメージはなくなるんです。不思議ですけどね。ただ単に、目が慣れるだけなのかもしれませんが。笑

マンションが建つ前はどんな景色の中にあった神社なのかな~と、昔の景色も知りたくなってしまいます。

江戸時代には、歌舞伎役者の初代市川團十郎が毎日参拝して名を上げたとのこと。それが社名の由来になっているそうです。

僕もそれにあやかり、出世したいものですが…笑。

不思議な場所にある出世稲荷神社。

参拝できて良かったです。

この後は、この日の目的地の一つで、近くにある「小網神社」へと向かいます。

 

出世稲荷神社の御朱印

出世稲荷神社では御朱印は扱っていません

 

出世稲荷神社までのアクセス

住所は東京都中央区日本橋堀留町1-6-11です。

◆電車

日比谷線・浅草線 「人形町駅」A5出口から徒歩10分。

日比谷線 「小伝馬町駅」 3番出口から徒歩8分。

銀座線・半蔵門線 「三越前駅」 A4出口から徒歩10分。

JR総武本線 「新日本橋駅」5番出口から徒歩13分。

都営新宿線 「馬喰横町駅」 A3番出口から徒歩13分。

東西線・浅草線 「日本橋駅」B12出口から徒歩15~17分。

東西線・日比谷線 「茅場町駅」4a出口から徒歩16~18分。

各線 「神田駅」から徒歩20分。

最寄は人形町駅です。日本橋駅などからは歩くと若干距離があります。

◆車

参拝者用の駐車場はありませんが、短時間でしたら神社前の道路に停めても問題ないかとは思います。近くにコインパーキングもあります。

出世稲荷神社の公式HPはありません。

 

出世稲荷神社周辺のパワースポット

 

中央区の神社一覧

僕が参拝した中央区の神社一覧です。