神社と御朱印を巡る男の旅

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神社と御朱印を巡る男の旅

おっさんによる神社と御朱印のブログです。

金刀比羅神社(名古屋市/熱田区)への参拝と御朱印

      【スポンサーリンク】
      

金刀比羅神社

f:id:inudenchi:20170428184626j:plain

熱田区のパワースポット「金刀比羅神社」

名古屋市の熱田区白鳥にあるパワースポット、金刀比羅神社に行って参りました。読み方は「ことひらじんじゃ」です。熱田神宮のすぐお隣にある神社で、熱田神宮の境内者である「下知我麻神社(しもちかまじんじゃ)」の、道路を挟んだ向かい側にあります。

下知我麻神社に立ち寄った際に、偶然見つけました。

この日は、嫁と二人で初めての名古屋観光にやって来た初日です。東京から一泊二日の小旅行です。

名古屋と言えば、大きな神社である熱田神宮があります。三種の神器の一つである「草薙剣(くさなぎのつるぎ)」が祀られている神社です。僕はこれまでに一度も訪れたことがなく、いつか行ってみたいとずっと思っていた神社です。

今回、新幹線で名古屋に到着して、まず最初に向かったのが、そんな熱田神宮でした。

熱田神宮の境内はとても広く、隅々までじっくり散策しようとしますと、かなりの時間が掛かります。せっかく訪れることができた念願の神社ですので、隅々まで見たくなってしまうんですよ。笑

熱田神宮の境内や御朱印などは、こちらの記事で紹介しています。

境内案内図を手にのんびり散策していたのですが、一ヶ所どうしてもたどり着けない場所はあったんです。それが、境内社である「下知我麻神社」です。どうやら下知我麻神社には、いったん境外に出ないと行くことができないみたいなんですね。

と言うことで、熱田神宮の西門から境外に出て、てくてくと歩き下知我麻神社を目指します。

右手に熱田神宮の森を見ながら、伏見通と言う大きな道路をまっすぐ北に歩きます。しばらく歩きますと、大きな交差点の手前、右手の熱田神宮敷地内に、下知我麻神社を見つけることができました。

こちらが下知我麻神社です。

f:id:inudenchi:20170428185034j:plain

下知我麻神社には無事に到着し参拝もできたのですが、それと同時に僕たちはこの時、もう一つ別の神社を発見してしまったんですよ。

それが、この金刀比羅神社なんです。

金刀比羅神社は、下知我麻神社から、ちょうど伏見通を挟んで反対側に位置する場所にありました。道路の向こう側に白い幟旗が立っていて気付きました。

熱田神宮の案内図には全く載っていなかった神社ですので、おそらく熱田神宮の境内社とかではないようです。別物かと。

僕たちはこの時点で、まだ熱田神宮の境内散策を終えていません。参拝していない末社もまだありました。ですので、完全に熱田神宮の参拝途中です。

そんな状態で他の神社に立ち寄ってしまって良いものかどうか少し迷いましたが…。

道路さえ渡れば目の前にある神社ですので、ここはやはり行ってみることに。

大きな道路を渡り、金刀比羅神社の鳥居へと向かいます。入口には桜が綺麗に咲いている姿が目に入ります。

 

金刀比羅神社のご由緒

ご祭神は、日本神話の神様である大物主神(おおものぬしのかみ)です。国の守護神であり、稲作豊穣、疫病除け、醸造などの神様として信仰されています。水神、雷神としての性格も持つ神様です。

総本宮は香川県にある金刀比羅宮(ことひらぐう)で、全国各地に分社があり、「こんぴらさん」として親しまれています。金毘羅、琴平と表記される神社も多くあります。こちらの金刀比羅神社もその一つです。

創建の年代やご由緒は、残念ながらわかりませんでした。

境内にもご由緒が書かれたのもはなく、後日ネットでも調べてみたのですが一切わからず…。

熱田神宮のすぐ近くですが、熱田神宮と何かしら関わりがあるのかどうかも不明です。

すぐお隣りには福重寺と言うお寺もあり、そのまた隣りには、源頼朝の生誕地と言われる誓願寺と言うお寺もあります。これらのお寺とも何かしら関係がある可能性もあります。

何かわかりました際には、改めて追記させて頂きます。

境内には水天宮も祀られていますが、そちらのご由緒も不明です。

 

金刀比羅神社の参拝画像

熱田神宮側から伏見通を渡ってすぐ。こちらが金刀比羅神社の正面入口になります。

f:id:inudenchi:20170428185630j:plain

 

一礼して鳥居をくぐると、すぐ左手に手水舎です。

f:id:inudenchi:20170428185650j:plain

 

お清めします。

f:id:inudenchi:20170428185700j:plain

 

鳥居の脇には桜が一本、綺麗に咲いていました。空の白と被ってしまい、写真だとわかりづらいですけれど…満開です。

f:id:inudenchi:20170428185723j:plain

 

参道の右手は広くなっています。

f:id:inudenchi:20170428185733j:plain

 

拝殿に向かいます。「さい銭ドロ警戒中」の看板が目立ちますね。笑

f:id:inudenchi:20170428184626j:plain

 

拝殿前には狛犬さんです。僕たちが名古屋で出会う初めての狛犬さんです。こちらは左の狛犬さん。顔が欠けてしまっています。

f:id:inudenchi:20170428185810j:plain

 

こちらは右の狛犬さん。こちらはしっかりと顔が残ってます。

f:id:inudenchi:20170428185822j:plain

 

無になって参拝します。

f:id:inudenchi:20170428185830j:plain

 

拝殿の奥には本殿も見えました。

f:id:inudenchi:20170428185856j:plain

 

拝殿の左側から奥に回れそうでしたので、ちょっと行ってみます。

f:id:inudenchi:20170428185918j:plain

 

こちらが拝殿の後ろになります。右に見えるのが本殿で、左が合祀されている水天宮です。

f:id:inudenchi:20170428185943j:plain

 

本殿と水天宮にも参拝し、再び拝殿前に戻ります。こちらは拝殿を背にした参道と鳥居です。鳥居の向こうは伏見通と言う大きな道路で、その向こうの森が熱田神宮です。

f:id:inudenchi:20170428190001j:plain

 

拝殿を右斜め前からのアングルでも。

f:id:inudenchi:20170428190013j:plain

 

のんびりと境内を散策し、金刀比羅神社を後にしました。鳥居脇の桜が綺麗でした。

f:id:inudenchi:20170428190023j:plain

 

金刀比羅神社への参拝を終えて

偶然見つけた金刀比羅神社。

熱田神宮の境内者である下知我麻神社に行かなければ、訪れることができなかった神社です。きっと何かのご縁があって訪れることになったんだと、僕は勝手にそんなふうに解釈することにしています。笑

金刀比羅神社は、伏見通と言う大きな通り沿いにあるのですが、僕と嫁以外は他の参拝者は見当たらず、とてもひっそりと佇んでいる感じの神社でした。

鳥居の脇には、綺麗なが一本咲いていて、それを見れただけでも行った甲斐がありました。

桜は、境内からでも境外からでも両方楽しめます。天気が曇り空でしたので、桜の白と空の白が重なってしまったのが、ちょっとだけ残念でしたけれど。

朝は晴れていて気持ち良い天気だったんですけどね。お昼くらいからじょじょに雲行きが怪しくなってきました。いつ雨が降り出すかと警戒しながらも、のんびり境内を散策させて頂きました。

熱田神宮には狛犬さんがいなかったので、この金刀比羅神社にいた狛犬さんが、僕たちが名古屋で初めて対面する狛犬さんです。

左側の狛犬さんは顔が欠けてしまっていましたが、右の狛犬さんはとても凛々しい顔をしていました。可愛らしい感じもありつつの、凛々しい顔立ちです。左の狛犬さんのお顔…いつか修復して欲しいな~とは思います。やっぱり顔がないって、かわいそうですので。

拝殿の後ろには本殿と水天宮があり、脇から回れるようになっていました。なかなか素敵な空間になっていました。

金刀比羅神社のご由緒や創建の経緯が一切不明だったのと同様に、水天宮がどのような経緯で祀られているのかも不明です。

金刀比羅神社も、いつどのように創建されたのか…わからないと余計に知りたくなってしまうんですけどね。笑

この先、何かわかった際には、改めて追記させて頂こうと思います。

また、金刀比羅神社のすぐ近くには、源頼朝の生誕地と言われる「誓願寺」と言うお寺があったのですが…お寺があったのは見たのですが、そこが源頼朝生誕の地とは全く知らず。東京に戻ってから知りました。

せっかく近くまで行ったのに、なぜ調べなかったのかと。下調べをせずに行くと、色々と見落としてしまいますね。無念。

とは言え、偶然見つけた金刀比羅神社。

のんびりと桜を楽しむこともできましたし、参拝できて良かったです。

この後は再び熱田神宮の境内に戻り、心行くまで散策させて頂きました。

歩き過ぎて足が痛くなるくらい。笑

 

金刀比羅神社の御朱印

金刀比羅神社では御朱印は扱っていません。社務所もありません。

 

金刀比羅神社までのアクセス

住所は愛知県名古屋市熱田区白鳥2-10-5です。

◆電車

地下鉄名城線 「神宮西駅」3番出口から徒歩1分。

JR東海道本線 「熱田駅」から徒歩5~7分。

地下鉄名城線 「伝馬町駅」1番出口から徒歩10~12分。

名鉄名古屋線・名鉄常滑線 「神宮前駅」西口 から徒歩9~11分。

熱田神宮から向かうのでしたら、神宮前駅か伝馬町駅が便利です。直接行くのでしたら、最寄は神宮西駅になります。

◆車

参拝者用の駐車場はありません。熱田神宮の駐車場に停めて行くのが良いかと思います。西門の駐車場が一番近いです。

金刀比羅神社の公式HPはありません。

 

金刀比羅神社周辺のパワースポット

 

名古屋市の神社一覧

僕が参拝した名古屋市の神社一覧です。