神社と御朱印を巡る男の旅

神社と御朱印を巡る男の旅

おっさんによる神社と御朱印のブログです。

多田神社(中野区/方南町)への参拝と御朱印

      【スポンサーリンク】
      

多田神社

f:id:inudenchi:20161020001919j:plain

方南町のパワースポット「多田神社」

中野区の南台にあるパワースポット、多田神社に行って参りました。読み方は「ただじんじゃ」です。最寄駅は丸ノ内線の方南町駅になります。

この日は朝から嫁と二人で中野区の神社巡りをすることに。

と言いますのも、先月の後半に、僕たちは稲城市にある「大麻止乃豆乃天神社(おおまとのつのてんじんじゃ)」に参拝しました。そこでは社務所がなく、御朱印を頂くことができなかったのですが、帰宅後に調べてみたところ…大麻止乃豆乃天神社の御朱印が、中野区にある「神明氷川神社」で頂くことができると言うことがわかったんです。宮司さんが同じなのか、その辺り詳しくはわからなかったのですが、とにかくそちらで頂くことができるようです。

ですので、神明氷川神社に行ってみることにしました。

事前に地図で確認したところ、神明氷川神社は中野でも渋谷寄りにあります。路線で言うと丸ノ内線の南側ですね。

僕は中野と言う街には、けっこう昔から行くことが多くて、馴染みのある街です。JR中野駅の周辺ですね。しかし、中野でも南側の方、神明氷川神社がある辺りには、今まであまり行く機会がなく、馴染みも薄い地域です。

せっかくなので、周辺にも神社があれば行ってみようと言うことになり、調べると、けっこう周辺に神社が色々あるんですよ。

で、事前に嫁と簡単にではありますがルートを決めて神社巡りをすることに。

神明氷川神社の最寄駅は「中野富士見町駅」なのですが、もう一つ先の「方南町駅」で降りて、その近くに見つけた「多田神社」から回ってみることにしました。

僕は今まで「多田神社」と言う社名の神社に参拝した記憶がありませんので、これがおそらく初めての多田神社です。

丸ノ内線に乗り、中野坂上で乗り換え、方南町駅に降り立ちます。方南町駅も初めて来ました。

そこから地図を頼りに歩くこと7~8分。

多田神社の鳥居が見え、無事に到着しました。

 

多田神社のご由緒

ご祭神は源満仲公(みなもとのみつなかこう)です。源満仲は平安時代の武将で、多田源氏(ただげんじ)の祖として崇められている人物です。多田満仲とも称されています。

総本社は兵庫県にある多田神社で、その地は源満仲が始まりとなった、源氏の系統である多田源氏(ただげんじ)発祥の地です。

中野にある多田神社の創建は平安時代中期です。源頼義、源義家の父子が、合戦に勝利した凱旋の帰途、その戦勝のお礼のために、現在の杉並区にある大宮八幡宮に参拝しました。その際に、近隣であったこの地に、先祖の源満仲公を祀る祠を建てたのが始まりとされています。

以来、この地の人々に崇敬され、信仰が厚い神社です。

これまでに改築や再建が何度か行われ、現在の社殿は昭和35年に改築されたものです。

 

多田神社の参拝画像

方南町駅から地上に出て、方南通りと言う比較的大きめな通りを東に進みます。そして路地を斜めに南下して行きますと…駅から7~8分ほどで、多田神社の鳥居が姿を現します。

f:id:inudenchi:20161020002302j:plain

 

鳥居の手前には、多田神社のご由緒が書かれています。

f:id:inudenchi:20161020002323j:plain

 

一礼して鳥居をくぐり、参道を進みます。石段の先に拝殿が見えます。

f:id:inudenchi:20161020002338j:plain

 

参道の脇には大きな木。御神木です。写真がちょっと逆光になってしまいましたが…苦。

f:id:inudenchi:20161020002359j:plain

 

参道を進み石段を上ります。

f:id:inudenchi:20161020002410j:plain

 

最初の石段を上ったところに二つ目の鳥居です。

f:id:inudenchi:20161020002421j:plain

 

鳥居の前、右手に手水舎があります。

f:id:inudenchi:20161020002443j:plain

 

手水舎には狛犬さんがいました。手水舎に狛犬さんと言うは、以前にも他の神社で見掛けたことはありましたが、なかなか珍しいかと思います。

f:id:inudenchi:20161020002501j:plain

 

手水舎の向かい側には社務所です。帰りにこちらで御朱印を頂きました。

f:id:inudenchi:20161020002512j:plain

 

お清めをして参道に戻り、二つ目の鳥居をくぐります。

f:id:inudenchi:20161020002530j:plain

 

ここまで来ると、拝殿の全体図が見えてきます。

f:id:inudenchi:20161020002545j:plain

 

こちらが社殿の正面です。雰囲気があって、とても素敵な拝殿です。

f:id:inudenchi:20161020001919j:plain

 

まずは参拝に向かいます。こちらは拝殿前、左にいた狛犬さんです。可愛らしい顔をしていました。

f:id:inudenchi:20161020002626j:plain

 

こちらが右の狛犬さん。どちらもかなり古いもののように見えます。

f:id:inudenchi:20161020002641j:plain

 

時間を掛けて参拝。

f:id:inudenchi:20161020002707j:plain

 

少し境内を散策してみます。こちらは拝殿側から見た参道です。

f:id:inudenchi:20161020002719j:plain

 

拝殿に向かって左側が広い空間になっていました。キャッチボールとかできそうなくらいです。笑

f:id:inudenchi:20161020002730j:plain

 

拝殿に向かって右側にも小さな鳥居と祠がありました。

f:id:inudenchi:20161020002742j:plain

 

こちらには、榛名神社御嶽神社阿夫利神社が祀られています。もちろんこちらにも参拝。

f:id:inudenchi:20161020002803j:plain

 

拝殿の右奥には、稲荷神社が祀られているようです。「多田稲荷大明神」と書かれた旗がたくさん見えます。

f:id:inudenchi:20161020002821j:plain

 

その手前、右側には、もう一つ参道と鳥居がありました。多田神社にはこちらからでも入ることができます。

f:id:inudenchi:20161020002844j:plain

 

せっかくなので、そのもう一つの参道から外に出て、そちら側からも写真を撮ってみました。なかなか素敵な景色です。

f:id:inudenchi:20161020002855j:plain

 

再び拝殿右奥の方に戻り、お稲荷さんの参拝に向かいます。小さな手水鉢もありました。

f:id:inudenchi:20161020002915j:plain

 

大きな木と朱色の旗のコントラストが綺麗です。

f:id:inudenchi:20161020002937j:plain

 

多田稲荷にも参拝。

f:id:inudenchi:20161020002949j:plain

 

拝殿前に戻ります。こちらは拝殿の左奥です。

f:id:inudenchi:20161020002959j:plain

 

社殿を左側からも撮影。奥には本殿と思われる建物も見えました。

f:id:inudenchi:20161020003011j:plain

 

斜め前からも拝殿を激写。なかなかかっこいいです。

f:id:inudenchi:20161020003022j:plain

 

一通り境内を散策し、社務所で御朱印を頂き、多田神社を後にしました。参道脇の大きな御神木がとても存在感がありました。

f:id:inudenchi:20161020003033j:plain

 

多田神社への参拝を終えて

僕が多田神社と言う社名の神社を訪れたのはこれが初めてです。

源氏の祖先を祀っている神社だったんですね。初めて知りました。

僕は源氏の家系図みたいなものについては、あまり知識を持ち合わせていませんので、これを機に少し勉強しようか、などと思っております。義経とか頼朝くらいしか知らないので…苦。

総本社は兵庫県にある多田神社とのことですので、いつかそこにも行ってみたいですね。

中野にある多田神社も、とても歴史が古いもののようです。平安時代からこの地にあった神社なんですね。杉並区にある大宮八幡宮とも深い繋がりがあるみたいです。

初めて訪れた多田神社ですが、社殿がとても素敵で、それが一番印象に残りました。なんだかかっこいいんですよね。笑

参道にあった御神木もとても立派でした。

あとは、手水舎に狛犬さんがいたのも珍しかったですね。以前に一度だけ、荻窪にある「荻窪八幡神社」で見たことがあったのですが、それ以来二度目です。

拝殿の右奥にあった稲荷も、旗がとてもたくさん立っていて、木とのコントラストが素敵でした。

この日は平日だったためか、僕と嫁以外にほとんど他の参拝者はおらず、のんびり散策し、気ままに写真を撮ることもできました。

社務所で御朱印を頂いたのですが、その際にお知り合いの方が作られたと言う「楊枝入れ」がいくつも置いてあり、ご自由にと書かれていましたので、一つ頂きました。僕は歯並びが悪く、食事の後には歯によく何かしら挟まることが多いので…笑。楊枝入れがあると楊枝を持ち歩けるので嬉しいです。使わせて頂きます。

この後僕たちは、そこから歩いて10分程かと思われる、神明氷川神社へと向かいました。

 

多田神社の御朱印

こちらが多田神社で頂いた御朱印です。

f:id:inudenchi:20161020003515j:plain

御朱印と御守りを頂ける時間は、日中とのことですので、昼間の時間帯でしたら頂けると思います。10時から16時くらいを目安に伺うのが良いかと思います。

 

多田神社へのアクセス

住所は東京都中野区南台3-43-1です。

◆電車

丸ノ内線 「方南町駅」から徒歩7~10分。

2番出口から地上に出て、東に歩いて7~10分程です。

丸ノ内線 「中野富士見町」から徒歩20分。

京王線 「笹塚」から徒歩20分。

最寄駅は丸ノ内線の方南町駅です。そこからですと普通に歩いて10分以内で到着できるかと思います。大きな通り沿いにある神社ではありませんので、地図を確認しながら向かうのが良いかと思います。

◆車

数台分ですが、境内に駐車できるスペースがあります。特別な日でなければ問題なく停められると思います。近くにコインパーキングもあります。

多田神社の公式HPはこちらです。
http://www.tadajinja.tokyo/

 

多田神社周辺のパワースポット

 

中野区の神社一覧

僕が参拝した中野区の神社一覧です。