神社と御朱印を巡る男の旅

神社と御朱印を巡る男の旅

おっさんによる神社と御朱印のブログです。

名古屋東照宮(名古屋市/中区)への参拝と御朱印

      【スポンサーリンク】
      

名古屋東照宮

f:id:inudenchi:20170506192149j:plain

名古屋のパワースポット「名古屋東照宮」

名古屋市の中区にあるパワースポット、名古屋東照宮に行って参りました。読み方は「なごやとうしょうぐう」です。

那古野神社(なごやじんじゃ)と隣接して建てられている神社で、名古屋城からも徒歩圏内です。最寄駅は鶴舞線の丸の内駅になります。

東照宮とは、徳川家康を祀った神社で、一番有名なのは日光東照宮かと思います。

僕はこれまでにも、日光東照宮と、上野東照宮に行ったことがあります。

ただ、そのどちらも僕が神社に興味を持つ前のことでして、御朱印の存在すら知らない頃でした。

上野の東照宮に関しては、たぶん行ったことがある、程度の記憶しかなく、かなり曖昧です。

日光の東照宮も、5年ほど前に日光に温泉旅行に行ったついでに、観光として寄った感じです。

ですので御朱印を頂くようになり、神社について興味を持ってからは、まだ一度も東照宮を訪れていないことになります。

境内社で他の神社に祀られていたものでの参拝はあるんですけどね。

日光東照宮には、毎年行こうかな~と計画は立てたりするのですが、平成の大修理と言うやつで、陽明門が工事中だったりして、行くのをちょっと見合わせてしまったり。

そんな中この度、名古屋にある東照宮に訪れることになりました。

名古屋に東照宮があるのも全く知らなかったんですけどね…。

季節は四月のあたま、嫁と二人で東京から一泊二日の名古屋旅行に出掛けました。

その二日目。

名古屋城を観光し、その後は新幹線までの時間、名古屋城周辺の神社巡りをすることにしていたんです。事前に調べたところ、名古屋城周辺にはかなりの数の神社がありましたので。

名古屋東照宮も、そんな流れで偶然見つけた神社です。

桜が満開の名古屋城を楽しんだ後、まずがそこから徒歩5分ほどの場所にある「愛知縣護國神社」へ。さらには地図を頼りに、すぐ近くにあった「那古野神社」へ。そして三ヶ所目が、那古野神社と隣接している、この「名古屋東照宮」です。

名古屋城周辺には、ほんとにたくさんの神社があり、当初は十ヶ所くらい巡る予定でした。

しかし、僕も嫁も前日からの疲労でヘロヘロの状態。

そこで名古屋城からほど近い、この三ヶ所だけ回って帰ることにしたんです。

二ヶ所目の那古野神社に訪れますと、その境内からは名古屋東照宮の境内や社殿も見えるんですよ。見えると言うか、完全なお隣りさんでして、境内がくっついてる形です。

歩き疲れていた僕たちにとっては、めちゃめちゃ嬉しい距離です。笑

一度に二度美味しいです。笑

と言うことで、那古野神社への参拝を終え、そのままお隣りの名古屋東照宮へと向かいました。

徒歩0分の移動です。

 

名古屋東照宮のご由緒

ご祭神は、徳川家康公(とくがわいえやすこう)です。

徳川初代将軍の徳川家康を御祭神として祀っている神社です。

創建は江戸時代初期の元和5年です。徳川家康の九男であり、尾張藩初代藩主の徳川義直が、父家康の三回忌である前年の元和4年に大祭を行い、その後名古屋城の三の丸に取り込んだ亀尾天王社(現在の那古野神社)のお隣に東照宮を勧請し、家康の神像を祀ったのが始まりです。

創建当時は「三之丸東照宮(さんのまるとうしょうぐう)」とも呼ばれ、東照宮として最も豪華であったと言われています。

明治8年に、天王社とともに現在の地に遷座しました。

その後、名古屋東照宮を創建した徳川義直、幕末から明治にかけての尾張藩主、徳川慶勝が合祀されています。

第二次大戦時の空襲により社殿が焼失してしまいましたが、戦後の昭和29年に、建中寺と言うお寺より御霊屋を移築し社殿としたものが、現在の社殿です。

江戸時代には、例祭である東照宮祭が、那古野神社の天王祭、若宮八幡社の若宮祭と並んで、名古屋三大祭の一つと言われていました。中でも東照宮祭は名古屋最大の祭と言われていたそうです。

創建時より名古屋の人々に親しまれている神社です。

 

名古屋東照宮の参拝画像

那古野神社の境内から東照宮の境内に入り、いったん鳥居から境外に出ます。こちらが名古屋東照宮の入口の鳥居になります。

f:id:inudenchi:20170506193702j:plain

 

一礼して鳥居をくぐり境内へ。桜が綺麗です。

f:id:inudenchi:20170506193722j:plain

 

左手に手水舎です。桜と手水舎がいい感じです。

f:id:inudenchi:20170506193739j:plain

 

お清めをします。

f:id:inudenchi:20170506193750j:plain

 

参道を進みますと、右手には神楽殿

f:id:inudenchi:20170506193806j:plain

 

そこから参道を左に折れますと、その先が東照宮の社殿です。

f:id:inudenchi:20170506193822j:plain

 

その先、右手には名古屋東照宮のご由緒。

f:id:inudenchi:20170506193840j:plain

 

参道を進みます。ところどころに車が停められていますが、境内はけっこう開けています。

f:id:inudenchi:20170506193852j:plain

 

拝殿ではなく門のような建物が社殿の手前にありますね。唐門と呼ばれる門のようです。

f:id:inudenchi:20170506193908j:plain

 

こちらは唐門の前、左手の狛犬さんです。迫力のある顔です。

f:id:inudenchi:20170506193930j:plain

 

こちらが右の狛犬さん。少し笑っているようにも見え、子供もいます。

f:id:inudenchi:20170506193944j:plain

 

唐門の正面に立ちます。ちょうど門に掛かるように桜が咲いていて綺麗です。

f:id:inudenchi:20170506192149j:plain

 

参拝します。唐門の奥には黒を貴重とした厳かな本殿も見えます。

f:id:inudenchi:20170506194022j:plain

 

参拝を終え、境内を散策してみます。こちらは唐門と本殿を左斜め前から。

f:id:inudenchi:20170506194041j:plain

 

右手には「福神社」と幟旗の立つ末社が見えましたので、そちらにも行ってみます。その向こうに見える赤い鳥居は、お隣の那古野神社の末社である福寿稲荷社の鳥居です。

f:id:inudenchi:20170506194108j:plain

 

こちらが福神社の正面。こちらのご祭神は、大国主命事代主命です。

f:id:inudenchi:20170506194131j:plain

 

福神社にも参拝。

f:id:inudenchi:20170506194142j:plain

 

福神社の手前から東照宮を見ますと、こんな景色です。右斜め前からのアングルになります。

f:id:inudenchi:20170506194252j:plain

 

社殿に向かい左手に社務所です。こちらで御朱印を頂きました。名古屋東照宮の御朱印と、福神社の御朱印、二つ頂くことができます。

f:id:inudenchi:20170506194316j:plain

 

社殿を背にして参道を見ますと、こんな景色です。一通り境内を散策し、名古屋東照宮を後にしました。

f:id:inudenchi:20170506194327j:plain

 

名古屋東照宮への参拝を終えて

この日はこの名古屋東照宮が三ヶ所目に訪れた神社です。

最初に訪れた愛知縣護國神社、二ヶ所目に訪れた東照宮に隣接する那古野神社、どちらも境内は満開の桜で綺麗だったのですが、この名古屋東照宮も境内の桜が綺麗な神社でした。

本数は少なかったのですが、手水舎や唐門に掛かる桜は、とても綺麗な景色を造っていました。

一番印象的だったのは、唐門の奥に見えた本殿です。

黒い建物で、僕はこれまでに見たことがないタイプの本殿です。独特の雰囲気がありました。

この本殿は、名古屋東照宮を創建した徳川家康の九男、徳川義直の正室である春姫の霊を祀る「建中寺」と言うお寺から移築されたものだそうです。

本殿に近付くことはできませんでしたが、唐門越しにも、とても厳かな空気が伝わってきました。

雨上がりの境内は、とても静かで気持ち良かったです。

境内が月極の駐車場になっているようで、車が至る所に駐車してあったのですが、我儘を言わせて頂ければ、それがちょっと残念なポイントではあったんですけどね。笑

社務所では東照宮の御朱印と、末社である福神社の御朱印、二つ頂くこともできました。

御朱印を頂くようになってからは、これが初めて訪れた「東照宮」ですので、東照宮の御朱印もこれが初めてと言うことになります。

次は上野東照宮、その次は日光東照宮に、是非行きたいと思っています。

名古屋東照宮への参拝を終え、僕たちは帰路に就くことに。

この近くにも、地図で見ますとけっこう色々と神社があったので、本当は回りたかったんですけどね。

前日からの疲労で、もうヘロヘロでしたので、東照宮を最後にしたんです。

近くにある丸の内駅から電車に乗り、名古屋駅に向かいました。

本当は、神社巡りをしながら名古屋駅まで歩く予定だったのですが、そんな体力も気力も、とうに失われていましたので。笑

名古屋駅ではお酒とおつまみ(串カツ、手羽先などなど)を買い求め、帰りの新幹線で酔っ払いながら東京へ。

一泊二日の小旅行ではありましたが、とても思い出に残る名古屋旅行になりました。

名古屋で訪れたどの神社も素敵でした。

是非また名古屋には、神社巡りも兼ねて遊びに来たいと思います。

 

名古屋東照宮の御朱印

こちらが、名古屋東照宮で頂いた御朱印です。

f:id:inudenchi:20170506194736j:plain

右が名古屋東照宮、左が末社の福神社の御朱印となります。二つの御朱印を頂くことができます。

御朱印と御守りを頂ける時間は、9時から17時までです。宮司さんが不在の時もあるようですので、確実に頂きたい方は、事前の電話確認をお勧めします。電話番号は「052-231-4010」です。

 

名古屋東照宮までのアクセス

住所は愛知県名古屋市中区丸の内2-3-37です。

◆電車

鶴舞線 「丸の内駅」1番出口から徒歩5分。

名城線 「市役所駅」5番出口から徒歩10~12分。

名城線 / 桜通線 「久屋大通駅」1番出口から徒歩10~12分。

最寄駅は丸の内駅です。名古屋城の正門からでも徒歩圏内になります。

◆車

参拝者用の駐車場はありませんが、近くにコインパーキングなどがいくつかあります。

名古屋東照宮の公式HPはこちらです。
http://nagoyatoshogu.com/

 

名古屋東照宮周辺のパワースポット

 

名古屋市の神社一覧

僕が参拝した名古屋市の神社一覧です。