神社と御朱印を巡る男の旅

神社と御朱印を巡る男の旅

おっさんによる神社と御朱印のブログです。

武蔵野八幡宮(武蔵野市/吉祥寺)への参拝と御朱印

      【スポンサーリンク】
      

武蔵野八幡宮

f:id:inudenchi:20160809220942j:plain

吉祥寺のパワースポット「武蔵野八幡宮」

武蔵野市の吉祥寺にあるパワースポット、武蔵野八幡宮に行って参りました。

僕は吉祥寺のお隣、三鷹に住んでいるのですが、この武蔵野八幡宮の存在はずっと知りませんでした。

吉祥寺には、嫁と二人でよく井の頭公園まで散歩に出かけたり、買い物に行ったりします。そのついでと言ってはなんですが、井の頭公園の中にある「井の頭弁財天」には頻繁にお参りをしています。

しかし、他に吉祥寺に神社があることを全く知らずに過ごしておりました。

嫁と神社巡りを数年前から始めているのですが、最近になって自宅の近くの神社を検索してみると、この「武蔵野八幡宮」が出てきましたので、行ってみることに。

けっこう大きめの神社のようです。

場所を確認すると、なんと僕と嫁がたまに遊びに行く、映画館の屋上にある古びたバッティングセンターのすぐ近く。

吉祥寺駅からも歩いてすぐの距離です。

今まで遊びに行っていた場所のすぐ近くで、しかも大きめの神社に全く気付かないとは…。ふがいない。

早速吉祥寺まで行き、参拝して来ました。

 

武蔵野八幡宮のご由緒

神社の名前が「八幡宮」ですので、八幡神をご祭神とする八幡系の神社になります。総本社は大分県の宇佐市にある宇佐神宮です。

ご祭神は誉田別尊(ほむたわけのみこと)比売神(ひめがみ)大帯比賣命(おおたらしひめのみこと)です。

誉田別尊は応神天皇(おうじんてんのう)の別名で、八幡神と同一です。比売神は神道の女神で、卑弥呼のことを指すのではと言う説もあります。大帯比賣命は、神功皇后(じんぐうこうごう)の別名です。

延暦8年、桓武天皇の時代に創建されました。延暦8年と言ってもピンとは来ないと思うのですが、相当古い時代です。

場所も吉祥寺ではなく、水道橋の近辺(東京ドームとかある辺りです)に創建されました。

その後、水道橋の住民が吉祥寺に移住した際に、八幡様もこの地に移り、現在に至るわけです。

また、吉祥寺と言う地名なのですが、移住した住民達がもともと水道橋にあった「吉祥寺村」と言う地に住んでいたため、それが引き継がれて現在の地名になったとのこと。元々の水道橋に吉祥寺と言うお寺があったみたいですね。

神社のご由緒を調べていたら、吉祥寺の地名の由来にまで辿り着きました。

面白いですね~。

 

武蔵野八幡宮の参拝画像

僕と嫁は、7月に武蔵野八幡宮を訪れました。

まだそんなに暑くもなく、雨上がりで気持ち良い日でした。

吉祥寺駅で電車を降り、北に向かい歩くこと10分ほど。

森が茂っているような場所が見え、鳥居も見えました。

f:id:inudenchi:20160809221736j:plain

 

雨上がりなせいか、なんだか神秘的な雰囲気があります。

f:id:inudenchi:20160809221823j:plain

 

鳥居の手前、左側には弁財天が。

f:id:inudenchi:20160809221859j:plain

 

弁天様の先、少し奥まったところに手水舎があります。この手水舎、なんと柄杓をかざすと、龍の口から自動で水が出ます。笑

f:id:inudenchi:20160809221917j:plain

 

一礼して鳥居をくぐると、右側に珍しいものが。ウドが生えていました。

f:id:inudenchi:20160809221932j:plain

 

開けた参道を進むと狛犬さん。こちらは左の狛犬さんです。写真ちょっと逆光になってしまいましたが…。

f:id:inudenchi:20160809221947j:plain

 

こちらが右の狛犬さん。こちらも逆光の写真ですみません…。

f:id:inudenchi:20160809222019j:plain

 

狛犬さんの先、右手にはいくつかの神社が境内合祀された社があります。提灯には、「鹿島神社」、「稲荷神社」、「須賀神社」、「三島神社」、「出雲神社」、「大鳥神社」が書かれています。

f:id:inudenchi:20160809222144j:plain

 

その先には、他に誰も人がいない雨上がりの拝殿が。とても静かです。

f:id:inudenchi:20160809222211j:plain

 

こちらが拝殿の正面です。立派な拝殿です。

f:id:inudenchi:20160809220942j:plain

 

雨上がりの澄んだ空気の中、厳かに参拝。

f:id:inudenchi:20160809222319j:plain

 

参拝を終え、拝殿に向かって左側の社務所へ。こちらで御朱印を頂きました。

f:id:inudenchi:20160809222343j:plain

 

こちらは斜めから撮影した拝殿です。なんだかかっこいいです。

f:id:inudenchi:20160809222355j:plain

 

拝殿を背にして入り口を見るとこんな感じです。最後にもう一度境内を散策して、武蔵野八幡宮を後にしました。

f:id:inudenchi:20160809222411j:plain

 

武蔵野八幡宮への参拝を終えて

平日と言うこともあり、他の参拝者は誰もいない中、嫁と二人でお参りして御朱印を頂いて来ました。

吉祥寺にこんな場所があったとは。

今まで吉祥寺には頻繁に出掛けていたにも関わらず、一度も訪れなかったことをちょっと後悔しました。知らなかったとは言え。

雨上がりだったせいか、なんだか境内がとても神秘的な空気になっていました。

静かな境内には僕と嫁の二人きりしかいませんでしたので、余計にそう感じたのかもしれません。

参拝した後は、すぐ近くにある寂れたバッティングセンターに行き、ちょっと遊んでから電車で帰宅しました。笑

駅からも近く、いつもの僕らの行動範囲内にある神社だと言うことが判明しましたので、また吉祥寺に行った際には是非お参りしようと思います。

 

武蔵野八幡宮の御朱印

こちらが武蔵野八幡宮で頂いた御朱印です。

f:id:inudenchi:20160809222547j:plain

御朱印と御守りを頂ける時間は10時から17時までです。神主様がご不在の時には書き置きのものになります。

 

武蔵野八幡宮へのアクセス

住所は東京都武蔵野市吉祥寺東町1-1-23です。

◆電車

JR中央線 / 京王井の頭線 「吉祥寺駅」から徒歩10分。

吉祥寺駅の北側(井の頭公園と反対側)に出て、サンロード商店街をまっすぐ北に歩きます。そうすると五日市街道に突き当たりますので、そこを左折。少し歩くと右側に鳥居が見えます。わかりやすい場所ですので、迷わずに着けるかと思います。

◆車

参拝者用の駐車場はありませんが、近くにパーキングがたくさんあります。

武蔵野八幡宮の公式HPはありません。

 

武蔵野八幡宮周辺のパワースポット

 

武蔵野市の神社一覧

僕が参拝した武蔵野市の神社一覧です。