神社と御朱印を巡る男の旅

神社と御朱印を巡る男の旅

おっさんによる神社と御朱印のブログです。

銀杏八幡宮(中央区/日本橋)への参拝と御朱印

      【スポンサーリンク】
      

銀杏八幡宮

f:id:inudenchi:20170419201754j:plain

日本橋のパワースポット「銀杏八幡宮」

中央区の日本橋にあるパワースポット、銀杏八幡宮に行って参りました。読み方は「いちょうはちまんぐう」です。最寄駅は水天宮前駅ですが、茅場町駅人形町駅からも近い場所にあります

僕は以前、台東区にある「銀杏岡八幡神社」に訪れたことがあるのですが、社名がそちらと似ていますね。銀杏岡八幡神社は、その名の通り銀杏がとても綺麗な神社でしたので、こちらの「銀杏八幡宮」も、銀杏に由来した神社であることが窺えます。

この日は嫁と二人で日本橋の神社巡りをしていて、銀杏八幡宮が八ヶ所目に訪れた神社になります。

僕たちが現在使っている江ノ島神社の御朱印帳が残り少なくなってきたこともあり、次に使う御朱印帳として、日本橋にある小網神社の御朱印帳を選びました。日本橋には、その購入と言う目的でやって来た流れです。小網神社の御朱印帳が、龍が描かれていてかっこ良かったので。笑

目的地は小網神社だったのですが、せっかくなので周辺の神社巡りもしてみることに。いつものことではありますが。

しかしながら、日本橋ってめちゃめちゃ神社が多くて、とても全部は回り切れないんです。ほんとにたくさんの神社がありまして。

嫁と協議をしつつ、ざっくりと決めたルートでいくつかの神社を徒歩で回り、目的だった小網神社には、この日七ヶ所目に訪れました。ここまでで、既にけっこうな数の神社を回っていることになります。

小網神社では、無事御朱印帳を手に入れることができ、御朱印も頂きました。

日本橋に来た一番の目的は達成です。

時間も14時を過ぎていましたので、そろそろ切り上げ時です。昼飯のタイミングを逃し、僕も嫁も腹ペコでしたし。笑

小網神社の最寄り駅は水天宮前駅だったのですが、僕達は茅場町駅を目指します。自宅が三鷹ですので、茅場町からだと東西線で一本で帰れるんですよ。茅場町駅もじゅうぶん徒歩圏内です。

そんなわけで、小網神社から茅場町駅に向かうため、スマホで地図を確認したのですが…。

先ほども書きました通り、日本橋には神社が多いんです。

小網神社と茅場町駅の間にも、もれなく神社がいくつかあるではないですか。なんとなく気付いてたいたんですけどね。腹ペコだったので、気付かない振りをしていた感もありますが。笑

見つけてしまったからは、これはもう立ち寄るしかないです。途中にあるのに素通りなんてできません。そう言う性格なんですよ、僕は。立ち寄らずにはいられないんです。病気です。笑

おなかもペコペコでしたし、足も少し疲れ始めてはいたのですが、小網神社と茅場町駅の途中に見つけた「銀杏八幡宮」と「日枝神社日本橋摂社」。この二つに参拝することを決め、空腹に耐えつつ歩き出しました。

まず向かったのが、小網神社からも近い、この「銀杏八幡宮」です。

小網神社からは徒歩で5分掛からない距離でした。すぐ近くです。

迷うこともなく、大きな通り沿いに、銀杏八幡宮を見つけました。

 

銀杏八幡宮のご由緒

ご祭神は、誉田別尊(ほんだわけのみこと)です。誉田別尊は、応神天皇八幡神と同一です。

社号が「八幡宮」ですので、武運の神である八幡神をご祭神とする八幡系の神社になります。総本社は大分県の宇佐市にある宇佐神宮です。

創建の年代は不明です。江戸時代中期には、旧福井藩の常盤橋松平氏のお屋敷に、鎮守として祀られていたそうです。社殿を建立し、ご祭神を祀ったのは、その後の安永4年だと伝えられています。

当時は境内に樹齢300~400年の大銀杏があり、社名もそれに由来しているそうです。残念ながらその大銀杏は、大正の関東大震災により焼けてしまったとのこと。震災では社殿も焼失してしまい、その後再建されました。

中央区内では唯一の八幡神社になります。

文豪である谷崎潤一郎は、この神社で月に一度行われていた神楽を楽しみにしていたとか。

境内には銀杏稲荷神社が合祀されていますが、こちらの創建は銀杏八幡宮よりも古いと考えられています。

焼けてしまった大銀杏とともに、古くから人々に親しまれている神社です。

 

銀杏八幡宮の参拝画像

こちらが銀杏八幡宮の入口です。鳥居の前には、「銀杏八幡宮」と「銀杏稲荷」の二つの石碑が建てられています。

f:id:inudenchi:20170421182927j:plain

 

一礼して鳥居をくぐり境内へ。鳥居からまっすぐ正面の位置にあるのが「銀杏稲荷」ですね。お狐さんが見えますので。銀杏稲荷には後ほど参拝することに。

f:id:inudenchi:20170421182949j:plain

 

左手が銀杏八幡宮の社殿になります。拝殿の前には手水舎です。

f:id:inudenchi:20170421183036j:plain

 

まずは手水舎でお清めをします。

f:id:inudenchi:20170421183218j:plain

 

拝殿の正面に立ちます。白を基調としたシンプルな社殿です。手前には大きな銀杏の木。

f:id:inudenchi:20170419201754j:plain

 

後ろにも銀杏の木がありました。見上げると「ビルと銀杏」の景色です。

f:id:inudenchi:20170421183305j:plain

 

静かな時間の中、参拝します。

f:id:inudenchi:20170421183317j:plain

 

隣りにあった銀杏稲荷に行ってみます。社殿の右手、銀杏稲荷の前は開けた空間になっています。

f:id:inudenchi:20170421183337j:plain

 

銀杏稲荷にも参拝。こちらにも銀杏の木がありました。

f:id:inudenchi:20170421183355j:plain

 

銀杏稲荷の上を見上げますと、こんな景色になります。

f:id:inudenchi:20170421183408j:plain

 

銀杏稲荷の脇には井戸がありました。小さな手水鉢も。

f:id:inudenchi:20170421183433j:plain

 

銀杏稲荷を右前からのアングルで。奥の白い建物は、銀杏八幡宮の社殿です。

f:id:inudenchi:20170421183509j:plain

 

銀杏稲荷の右隣りには英霊碑。手を合わせます。

f:id:inudenchi:20170421183525j:plain

 

英霊碑の前から振り返り、境内を見るとこんな感じです。

f:id:inudenchi:20170421183537j:plain

 

大きな銀杏が何本もあり、癒されました。しばらく境内でのんびりと過ごし、銀杏八幡宮を後にしました。

f:id:inudenchi:20170421183552j:plain

 

銀杏八幡宮への参拝を終えて

社名の通り、大きな銀杏の木が何本もある、静かな神社でした。

関東大震災前までは、社名の由来にもなった大銀杏があったとのことですので、現存していないのが残念です。「天空を覆うような大銀杏」だったそうですので、きっと素敵な景色だったと思います。

大銀杏はなくなってしまいましたが、現在の境内にある銀杏もどれも大きく、見上げると高く高く伸びています。銀杏の向こう側には都会的な高いビルの景色が広がっていますので、その対比も綺麗でした。

境内はけっこう開けていて広く感じました。銀杏と社殿以外のものがほとんどなく、鳥居をくぐった先の正面から右手に掛けてが、広々としています。その空間に、銀杏稲荷が祀られています。広々とした場所にある分、銀杏稲荷の方が八幡宮の社殿よりも目立っていた気がします。大きさで言えば八幡宮の方が遥かに大きいんですけどね。鳥居をくぐると、まず正面にあり、目に飛び込んでくるのも銀杏稲荷の方でしたので。笑

とは言え、銀杏八幡宮の社殿も白を貴重としたもので素敵でした。社殿の正面にも大きな銀杏も存在感がありました。

銀杏八幡宮は、交通量の多い大通りに面しているのですが、境内にいると不思議と車の音などは全く耳に届かなくなります。必要な音以外を遮断している耳の力なのかもしれませんが。笑

ですので、とても静かにのんびりと参拝することができました。

直前に訪れた小網神社は多くの参拝者で賑わっていたのですが、こちらの銀杏八幡宮は僕と嫁しか見当たらず。サラリーマンが境内で仕事と思われる電話を掛けていましたが…笑。それ以外はずっと僕たちしかいませんでした。

銀杏の見える静かな空間を、独占させて頂きました。

立派な銀杏が何本もありましたので、きっと秋には境内が黄色く染まると思います。そんな景色も見てみたくなりました。

銀杏八幡宮。参拝できて良かったです。

続いては、近くにある「日枝神社日本橋摂社」に向かいます。

 

銀杏八幡宮の御朱印

銀杏八幡宮では、通常は御朱印は扱っていません。社務所もありません。

 

銀杏八幡宮までのアクセス

住所は東京都日本橋蛎殼町1-7-7です。

◆電車

半蔵門線 「水天宮前駅」6番出口から徒歩3分。

日比谷線・浅草線 「人形町駅」A2出口から徒歩6分。

東西線・日比谷線 「茅場町駅」10番出口から徒歩10分。

東西線・浅草線 「日本橋駅」D2出口から徒歩15~20分。

最寄は水天宮前駅ですが、茅場町駅や人形町駅からも近いです。

◆車

参拝者用の駐車場はありませんが、大通りから一本入った神社脇の道路に、短時間でしたら停めても問題ないかとは思います。近くにコインパーキングもあります。

銀杏八幡宮の公式HPはありません。

 

銀杏八幡宮周辺のパワースポット

 

中央区の神社一覧

僕が参拝した中央区の神社一覧です。