神社と御朱印を巡る男の旅

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神社と御朱印を巡る男の旅

おっさんによる神社と御朱印のブログです。

江島神社・岩屋(藤沢市/江ノ島)への参拝と御朱印

      【スポンサーリンク】
      

江島神社・岩屋

f:id:inudenchi:20161129170718j:plain

江ノ島のパワースポット「江島神社・岩屋」

江ノ島にあるパワースポット、江島神社の岩屋に行って参りました。読み方はそのままですが、「えのしまじんじゃ・いわや」です。

岩屋には、江ノ島に渡る橋の途中に船の乗り場がありまして、そこから船でも直接行くことができます。徒歩ですとかなり石段の上り下りがある場所ですので、高齢の方や足の不自由な方には少々厳しい道のりかと思います。

そう言う僕も、前日の鎌倉散歩と、この日の江ノ島散策で、左の膝が既におかしなことになっていて…まともに歩くのも難しい状態ではありましたが。苦

それでもなんとか、徒歩で岩屋へと向かいます。

岩屋に向かう前、江島神社の「奥津宮(おくつみや)」はこちらの記事で紹介しています。

この日は嫁と二人での小旅行で江ノ島に上陸したわけですが、僕たちは以前も何度か江ノ島には来たことがあり、前回は数年前の夏でした。

その時にも岩屋まで歩いたのですが、岩屋の洞窟や海岸には、もの凄い数のフナムシが動き回っていまして、虫の苦手な嫁がパニック寸前になっていたのを覚えています。笑

前回は夏でしたが、今回は秋の11月。ですのでフナムシはいないのでは?と虫に怯える嫁をなだめて岩屋に向かいます。笑

岩屋への道のりは、徒歩ですと階段がなかなかハードでした。

石段の上で、石段を降りることができなかった見知らぬお婆ちゃんに、下に孫がいるので、「お婆ちゃん階段下りられないので、上で待ってるから」と伝言を頼まれ、無事にその役目を終えたと言う思い出もあります。

それくらいハードな石段なんですよ。

それをわかっていながら、この日は膝を痛めた状態で岩屋へ向かうわけです。

無謀なチャレンジです。

しかし、ここまで来たからには、どうしても岩屋には行きたい。

洞窟も神秘的で素晴らしかった覚えもありますし、海岸も絶景だったので、是非それをこの目で見たいです。見ずに帰るわけにはいきません。

そんな僕の意志に反して、左膝は思うように動いてくれません。前回来たのは数年前だったのですが、その時は膝なんて全然平気だったんですけどね。それだけ歳をとり、おっさんになったと言うことですね…苦。

奥津宮から岩屋への道のりは、この二日間の鎌倉~江ノ島旅行で、僕にとって一番の試練でした。

手すりと嫁につかまりながら、岩屋を目指して頑張ります。

 

江島神社・岩屋のご由緒

この岩屋が江ノ島神社発祥の地と伝えられています。

創建は、飛鳥時代よりも前の欽明天皇13年(552年)で、欽明天皇の勅命により、現在の岩屋である洞窟に宮を建てたのが始まりとされています。

その後、多くの僧が修行の場としても訪れるようになり、平安時代の初期、弘仁5年に空海により岩屋本宮が創建されました。

鎌倉時代になると、源頼朝が洞窟にて戦勝祈願を行い、弁財天を勧請しました。

その後は戦いの神として武士を中心に信仰が広まりましたが、江戸時代になると、芸能・音楽・知恵・福徳財宝の神として、多くの庶民が参拝するようになりました。江戸時代までは「江島弁天」や「江島明神」と呼ばれていました。

岩屋に海水が入り込んでしまう4月~10月の間は、ご本尊が現在の奥津宮に遷され、祀られていたそうです。

現在岩屋には、ご祭神はお祀りされていませんが、多くの石仏や句碑などを見ることもできます。

江島神社発祥の場所と言われる洞窟の奥には、小さな祠もあります。

また、この洞窟は富士山に通じているとの言い伝えもあります。

第一岩屋、第二岩屋と二つの洞窟があり、観光地としても多くの人が訪れる場所です。

 

江島神社・岩屋の参拝画像

奥津宮から岩屋へと歩き出しますと、すぐに左手に脇道がありました。膝が痛かったのですが、そちらの脇道にも行ってみます。ちょっとした公園になっているようです。

f:id:inudenchi:20161129171227j:plain

 

脇道に入るとすぐ、左手に立派な木がありました。なかなか迫力のある木でしたので、おもわず撮影してしまいました。

f:id:inudenchi:20161129171239j:plain

 

そのまま進みますと「龍恋の鐘」と言う看板が。どうやら恋愛のパワースポット的な場所みたいですね。

f:id:inudenchi:20161129171256j:plain

 

こちらが「龍恋の鐘」です。たくさんの南京錠が掛けられています。これが愛の証とのこと。

f:id:inudenchi:20161129171328j:plain

 

恋人の丘と呼ばれている場所みたいです。それはともかく、ここからの景色は素敵でした。鐘も鳴らしてみたのですが、あまりに大きく鳴らしてしまい、耳をやられました。笑

f:id:inudenchi:20161129171350j:plain

 

鐘の下には「天女と五頭龍」の伝説が書かれていました。天女と五頭龍が結ばれたと言う伝説があることから、恋愛のパワースポットになっているようですね。

f:id:inudenchi:20161129171418j:plain

 

恋人の丘から、再び岩屋へと続く参道に戻ります。途中には生しらす丼が美味しそうなお店がたくさん。おなかも空いてきました。

f:id:inudenchi:20161129171431j:plain

 

鳥居をくぐりますと…その先から、いっきに下へと続く急な石段が始まります。ここからが辛いんです。

f:id:inudenchi:20161129171519j:plain

 

手すりを最大限頼りにして一歩一歩下ります。膝にはかなり厳しい石段です。

f:id:inudenchi:20161129171537j:plain

 

なんとか急な石段ゾーンを抜けますと、目の前に海が広がります。素晴らしい景色でテンションも上がります。

f:id:inudenchi:20161129171558j:plain

 

やっぱり海は気持ち良いですね。

f:id:inudenchi:20161129171619j:plain

 

海岸の景色も素晴らしいです。膝の痛みも忘れ、岩に駆け寄ったりして、はしゃいでしまいました。笑

f:id:inudenchi:20161129171633j:plain

 

岩屋へと続く道を進みます。

f:id:inudenchi:20161129171647j:plain

 

少し歩きますと、さらに開放感のある道。海が綺麗です。

f:id:inudenchi:20161129171703j:plain

 

潮風と海の空気を全身に浴びながら歩きます。

f:id:inudenchi:20161129171715j:plain

 

下に降りて海の近くまで行ってみたい衝動に駆られましたが、まずは岩屋に向かうことに。

f:id:inudenchi:20161129171725j:plain

 

突き当りが岩屋の入口になっています。

f:id:inudenchi:20161129171734j:plain

 

チケットを買い、いざ洞窟の冒険へ。岩屋には、大人500円小中学生200円で入ることができます。

f:id:inudenchi:20161129171758j:plain

 

洞窟の中はひんやりしています。神秘的な空間が広がっています。ディズニーのアトラクションみたいです。笑

f:id:inudenchi:20161129171824j:plain

 

洞窟を進むと、突き当りに池のように水の溜まった場所があります。そこがまた神秘的です。左に行くと第一岩屋、右に行くと第二岩屋です。

f:id:inudenchi:20161129171845j:plain

 

まずは左の第一岩屋から探検してみます。かなり暗いですね。入口で提灯のようなロウソクを借り、それを手に進みます。

f:id:inudenchi:20161129171903j:plain

 

左右には石仏や石碑が並んでいて、独特の空気が漂っています。突き当りに祠がありました。

f:id:inudenchi:20161129171952j:plain

 

こちらが、江島神社発祥の場所です。写真少しぶれてしまいましたが…狛犬さんがかなり変わっています。右の狛犬さんは子供を抱えていますね。

f:id:inudenchi:20161129172009j:plain

 

「江島神社発祥の場所」と書かれています。その起源は今から約1500年も前です。遥か昔です。

f:id:inudenchi:20161129172033j:plain

 

祠に参拝し、第一岩屋を後にします。こちらは第一岩屋側から見た入口です。左が水が溜まっている場所で、右が入口です。直進すると第二岩屋へと向かいます。

f:id:inudenchi:20161129172055j:plain

 

第二岩屋への道は、いったん外に出ます。洞窟の中とは対照的な開放感です。

f:id:inudenchi:20161129172118j:plain

 

いざ、第二岩屋へ。

f:id:inudenchi:20161129172143j:plain

 

洞窟を進みます。

f:id:inudenchi:20161129172152j:plain

 

途中、天女と五頭龍の伝説が紹介されていました。

f:id:inudenchi:20161129172207j:plain

 

そして突き当りに龍神様です。この龍神様の前で、二回手を叩き、二回とも龍神様が光れば願いが叶うとか。僕も嫁も何度かチャレンジしましたが、一度も光らず…涙。

f:id:inudenchi:20161129170718j:plain

 

龍神様が素敵だったので、横からも激写。一通り洞窟内を探検し、岩屋を後にしました。

f:id:inudenchi:20161129172245j:plain

 

江島神社・岩屋への参拝を終えて

奥津宮から岩屋へと降りる石段は、正直かなりしんどいです。膝を痛めている身としては。

膝が何でもなければ、楽しい道のりなんですけどね。

手すりにつかまり、嫁にもつかまり、なんとも情けない姿で、一歩一歩下りました。時間は掛かってしまいましたが。

膝的には辛かったのですが、やはりその先の景色は素晴らしかったです。

頑張って石段を下りた甲斐のある景色でした。

やっぱり江ノ島に来たら、このエリアは絶対に訪れたいですね。

海岸も最高なのですが、その先にある岩屋もとても神秘的な空間です。

洞窟って、入った瞬間に空気が変わりますよね。どこか神域のような雰囲気があります。ひんやりしているのでそう感じるだけかもしれませんが。笑

そして、この岩屋はけっこう深くまで続いていて、両脇には石仏などもあり、かなり独特な空気があります。

弟一岩屋の突き当りにある祠。弟二岩屋の突き当りにある龍神様。

どちらも参拝することができて良かったです。

この洞窟が富士山まで続いていると言う言い伝えがありますが、そう考えるととても不思議な気がしますし、ロマンがありますね。

洞窟の神秘的な空気を楽しんだ後は、海岸に下りて海を見ながら少しのんびりしました。

夏に訪れた際には、もの凄い数のフナムシが走り回っていたんですけどね。笑

岩屋の入口とかも、あり得ないくらいびっしりとフナムシがいて、嫁がパニック寸前だったので…笑。

しかし今回は秋でフナムシの姿はなく、虫が苦手な嫁も安心して散策しておりました。フナムシってやっぱり夏の生き物なんですね~。

海岸を散策した後は、再び急な石段を上ります。

そこから船で帰ることもできたのですが、途中にあった食堂で、どうしても生しらすで一杯やりたかったんです。笑

ですので頑張って石段を上り、食堂に入りました。「魚見亭」と言うところで、端っこのテラス席が空いていましたので、一番贅沢な席にて昼食を頂くことに。

生しらす丼、刺身定食、焼はまぐり、さざえつぼ焼きなど、贅沢に注文し、お酒も飲んでしまいました。

海が見えるロケーションが素晴らしく、料理も美味しかったです。

トンビ(とび)がかなり低空で飛んでいて、料理を狙われることもあるらしいので、それが唯一落ち着かない点ではありましたが。笑

美味しい食事とお酒に満足し、来た道をほろ酔いで帰ります。

膝がかなりヤバいことになっていて、帰り路こそエスカーが欲しいです。江ノ島のエスカーは行きの片道しかないんですよね。残念ながら。

なんとか江ノ島駅まで辿り着き、帰路に就きました。

江ノ島を存分に満喫させて頂きました。

前日の鎌倉から、この日の江ノ島まで、歩きっぱなしの二日間でしたが、とても楽しかったです。

鎌倉も江ノ島も、まだまだ回ってみたいところがたくさんありますので、また機会を作って訪れたいと思います。

一週間くらいの日程で遊びに来れたら最高なんですけどね。

それができるくらい、稼がねば。

 

江島神社の御朱印

江島神社の御朱印は、辺津宮の社務所で頂くことができます。

詳細はこちらの記事をご覧ください。

 

江島神社へのアクセス

住所は神奈川県藤沢市江の島2-3-8です。

◆電車

小田急江ノ島線 「片瀬江ノ島駅」から徒歩15~20分。

江ノ島電鉄 「江ノ島駅」から徒歩20~25分。

奥津宮から岩屋までは、徒歩ですと15~20分掛かります。かなり急な石段が続きますので、階段が辛い方には厳しい道のりかと思います。目的地が岩屋だけでしたら、江ノ島の入口から船が出ていますので、そちらをお勧めします。

◆車

江島神社の駐車場はありませんが、島内にはいくつか駐車場がありますので、そちらから徒歩での移動になります。

江島神社の公式HPはこちらです。
http://enoshimajinja.or.jp/

 

江島神社・岩屋周辺のパワースポット

 

藤沢市の神社一覧

僕が参拝した藤沢市の神社一覧です。